思いのまま

思いのまま_d0085018_18174033.jpg
思いのまま_d0085018_19415961.jpg
大切な友達リエさんが、贈ってくれた写真
私の大好きな大倉山公園の梅の木
「思いのまま」

母の病気のケアに明け暮れ、
今年も会いに行けなかった私の大事な梅の木の写真を、
私と母の為にと撮ってきてくださり、素晴らしい香り&エネルギーのミスティカオイルとともに贈ってくださったのです。

本当に多くの方からのお手紙やメール、お電話、お花など温かい気持ちに支えられ、
そして皆様からのパワフルな遠隔ヒーリングを頂き、
母の左肺摘出手術も無事終わり、驚くような順調な回復ぶりに病院の先生方も目を見はるほど。
この場をお借りしてお礼を伝えさせてくださいね。
皆様本当にありがとうございます☆



私の好きな、この梅の花「思いのまま」。
いつのまにか今年の梅の季節も終わりに近づき、桜の開花に心が移っていきますが、

やさしい香りの梅の花には、白加賀、南高、道知辺(ミチシルベ)、春日野(カスガノ)、浮牡丹(ウキボタン)、光輝(コウキ)、蝶の羽重(ハガサネ)など、その名も風雅なものがありとても楽しいものです。

そして毎年会いにいきたくなる木がこの「思いのまま」という名前の、私にはとても大切な木なんです。

1本の木に赤と白の二色の花をつける・・・まさに思いのまま♪

10年程前に離婚のことで悩み疲れ、耳が聞こえなくなってしまった私を
この木はまるで「そのままでいいんだよ」と言って許し、慰めてくれるように立っていたのです。


人は時として、頭では答えを出せないような現実に直面するような時がありますね。
例えば一つの答えを出すことによって、誰かを傷つけてしまうような結果になる場合などは特に・・・。人生を変えてしまうくらいの大きな決断の時もなおさらです。

頭ではどうしても決断を下せない時に、私が信頼したのは深い自分の中の声。
それでもそのハートの声を聞いて、その声を信頼するには本当に勇気が必要でした。
そして、自分が出した答えに全て自分で責任をとって、そのプロセスを信頼して進んでいく・・・・それは本当の意味での自立だったかもしれません。

そんな時に、この梅の木はやさしく、強く、凛として、でもどこかに遊び心さえ漂わせ、
私の心を励ましてくれたのです。

「思いのまま」に生きるには、
自分の人生に責任をとる勇気と、どんなリスクをも乗り越える強さが試されますね。
でも大きなハードルを一つ乗り越えた時、
自分の中にこんな強さがあったのかと思うほど、強くなっているような気がします。
そして、強くなった分、遊び心をもって人生を渡っていけるようになるかもしれません。


多分多くの場合、人は頭で答えを出しますが、
自分のハートの声を良く聞いて、光や暖かさを感じる方へと自分を推し進めていくのことも大切かもしれませんね。
ハートの声に従ってみると意外な展開に、楽々ハッピーになってしまう・・・なんてこともあるかもしれません。

そう、まさしく
「思いのまま」

赤と白の2色の花を1本の木に咲かせても良いのですものね(^0^)/


大倉山公園の梅林は早朝や夕暮れ時、その芳しい香りに包まれる頃、妖精たちがクスクス笑う声がするようです。
by ayura-smile | 2007-03-11 19:33 |

変容の時・・・・しなやかな心でいつでもどんな時でも愛に向かって「今ここ」から始めていきましょう☆


by 安生裕子(あんじょうゆうこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31