樹齢1000年

d0085018_1651326.jpg
2007年 明けましておめでとうございます。
新しい年が世界中の人にとって幸せな年でありますように・・・
心から願い、祈ります。

今年は元旦に、本当に何年かぶりに両親と揃って、
近所の神社までお参りに行きました。

そこは小さな頃、よく家族で大晦日の鐘を聞きながら、初詣でに行った神社で、
大きな大きなカヤの木があります。
樹齢1000年を超える大木で、落雷で枝を少し失ってはいるものの、その凛とした姿は
大きな叡智と無の心を感じさせる素晴らしい姿です。

どんなに沢山の出来事を見て、聞いて、感じてきたのか・・・
静かに木と話をしながら、自分の内側が深く癒されていくのを感じました。

ただただ存在していることの大切さ。
ありのままに存在し、生命を全うするだけで
私たちは、本当は素晴らしいんだってことを教えてくれます。

何かができるからではなく、
何かを持っているからでもなく、
ただただこの地球に存在して、頂いた命を全うすることの力強さ・・・
大カヤの木に、お日様の光がやさしく、暖かく降り注いでいました。


d0085018_17133570.jpg
そして、同じ神社の境内にこんもりと茂ったキンモクセイの大木
丸くドームのように茂った緑の葉、
その木の下に入って上を見上げると、キラキラキラキラ陽の光がプラネタリウムの星のように輝いて、とても奇麗でした。



静かに
穏やかに
ゆっくりと時間が流れたお正月


ふと目をやると
いつの間にか、年をとってしまった・・・そんなふうに思える私の両親が
そこにやさしく佇んでいて、
大人になった私を、まるで小さな子供を見るように見ていました。


1000年生き続ける大カヤから見ると
私たちの命の短さ
けれども、その多様さと尊さ・・・・

父母の人生もまた、生きる力を教えてくれる大切で尊いお手本なのです。
by ayura-smile | 2007-01-04 17:35 |

変容の時・・・・しなやかな心でいつでもどんな時でも愛に向かって「今ここ」から始めていきましょう☆


by 安生裕子(あんじょうゆうこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30