新月とオーラソーマ

今日は新月です。
毎月新月には新たな気持ちで月に願い事をします。
新月は新しいことをするのにもとてもよい日。

今日から少しづつ、オーラソーマについて日頃感じていることなどを書いていきたいと思います。オーラソーマのプラクテショナーとして、クライアントさんと人生を分かち合うことで、私自身がたくさんの気づきをいただけること、そしてこの3次元の世界、この人生という壮大なゲームを一緒に味わうことができる幸せを感じています。
まさか自分がここまでオーラソーマに、ハマルとは正直思っていなかったのですが・・・(笑)。

初回の今日はオ-ラソーマの魅力。。。

オーラソーマは占いではありません。
美しい自然の色と植物、鉱物のエネルギーが内包したカラーボトルをまず自分自身で選ぶことから始まります。そしてそこには驚くほど完璧なまでにその人の内面が映し出されているのです。
そして私は、その方の心や思考、条件づけられたパターン、今までの経験などをハートで聴き、そしてただただボトルの色や意味を通訳していくに徹します。
本当に素敵なことに、全ての答えはそのクライアントさんの中にあって、全部その人が答えを知っているのです。そして色やボトルの意味を通して、ちゃんと自分でそこに気づいていく・・・・。

オーラソーマの素晴らしいところは、「自分の人生に自分で責任を取る」という立場に
その人を立たせてくれることです。

人生で何度も同じような繰り返しをしていたり、人間関係で悩んでいたり、体調が悪かったり・・・人生で起こる事が全て、本当の自分を生きていないことが原因だったりします。
具合が悪かったら病院へ行く、疲れたから何かに癒されたい・・・・勿論それはそれで悪いことではありません。でもそれは一時的なもの。いつまでも他力本願な生き方をしていては、またすぐに元通り。

人生は本来 easyなもの。薔薇の花が何の力みも努力もなく花開くように、本当は私たちも、自然の流れに乗って生きていくことができるのです。でも人には考える頭があり、欲求があります。それが逆に「easy」に生きることを難しくしているのかもしれません。
(勿論それが人生という楽しいゲームでもあるのかもしれませんが。。。)

病気は「disease」。
「dis+ease」。。。要するに「ease」(安楽、安心、容易なこと)の否定形が病気ということなんですね。人はeasyでない状態が続くとと病気になってしまうということ。

そして病気はまた逆に、その痛みや苦しみを通して、私達に本当の自分に気づくためのメッセージを送ってくれているのですね。
勿論病気だけではなく、人生の中でうまくいかない領域や、別れや悲しみ、挫折、逆境と感じることなども全て、そうなのですよね。

そして私たちは学ぶことができます。
もっと自然体で楽に生きることができます。
そのためにはまず自分を知ることが大切なんですね。






オーラソーマの106本もあるボトルから何故にその方がそのボトルを選ぶのか、本当に不思議なことが一杯です・・・まさにボトルが呼んでいるのかもしれません。

この美しいボトルを目の見えない女性が作ったということ自体、ビックリしてしまうことですよね。
オーラソーマを作ったイギリスのヴィッキー・ウォールさんという女性は目は見えなかったのですが、体の周りのオーラの色やエネルギーを感じることができた、とてもサイキックな人でもありました。
****詳しく知りたい方は「オーラソーマ・奇跡のカラーヒーリング」(和尚エンタープライズジャパン)という本があります***
神様が彼女を通して、美しく楽しいヒーリングツールを与えてくだっさたことに心から感謝です。

自分の内側の声を聞いてみましょう。
怖いことも苦しむ必要もないのです。
ほんのひととき美しいボトルに心を預けるだけ。。。。☆


そしてオーラソーマの素晴らしいところはもうひとつ。
この美しいカラーボトルを体に塗ることが出来るのです。
植物の成分と鉱物のエネルギーからできた素晴らしい香りのハーブローションを体の必要な場所に取り入れることで、体とエネルギー体のバランスをとってくれます。

ハーブローションの魅力はまた次の時にゆっくりと。

そういうわけで、オーラソーマは
「自分で選ぶ ・ 自分で気づく ・ 自分で癒す」ことのできる本当の意味での
「ヒーリング」ツールなのかもしれません。
そして何より「綺麗で楽しい♪」のが自分のテーマソングを奏でる要素にはまっているのです。



さて最後に今日の新月のボトルを見ていくことにしましょう。
2006年8月24日は数秘で見ると、「22
B22のボトルは「再生者のボトル」
上層が黄色で下層がピンクの可愛らしいボトルです。新しい目覚めの時。
まさしく月が欠けて、また満ちていくこの新月の時のように、今までの経験や知識を通し、さらに自己を高めるとき、生まれ変わるような新たな目覚めがやってくるというボトル。
このボトルを選ぶ人は、愛情豊かで思いやりに満ち、その愛を明るくポジティブに表現できる人。どんなときも人と人のつながりを大事にして、自分の経験や知識を上手に人に伝えることもできるようです。
ピンクはまた自分自身を愛する色。それに知恵の黄色が混ざることで、本当の意味で自分自身を愛する知恵を持つこととも関係があるようです。
自分自身を幸せにするために、自分のエネルギーをどこに賢く使っていくか、そして自分自身であるために、今自分が欲していること、自分の深い声に耳を傾け理解していくことも必要かもしれません。



新月の今日、あなたはどんな願い事をしますか?
あなたが本当にやりたいことはなんですか?
新月の日、そんなふうに自分と会話するだけでも、素敵ですね。
by ayura-smile | 2006-08-24 15:55 |

変容の時・・・・しなやかな心でいつでもどんな時でも愛に向かって「今ここ」から始めていきましょう☆


by 安生裕子(あんじょうゆうこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31