やってきた!アルケミークリスタルボウル

やってきた!アルケミークリスタルボウル_d0085018_23433950.jpg


ついに というか、
とうとう というか…
ご縁を繋いでしまった!アルケミークリスタルボウル!!ぴかぴか

昔に比べて何と軽やかに鳴ることでしょう!

17年前、初めてクリスタルボウルと出会った頃は
大きなフロストボウルしかなかったのに…

もう感激する程、音色も倍音も素晴らしい…ぴかぴかぴかぴかぴかぴか


今回、私の元へ来たのは、
◆ハートチャクラに対応するコーラル色のポウル
ローズプラチナ(ローズクォーツとプラチナ)

◆セカンドチャクラに対応する紫色のボウル
アゼツライト、ラベンダーオーラゴールド、プラチナぴかぴか

のクリスタルボウルです。

101.png

もともとクリスタルボウルは水晶の粉を固めて焼かれたもの。
そこに様々な鉱石、貴石を入れて焼かれたものがアルケミークリスタルボウルです。


このアルケミーと名前が付けられたボウル達
まさに錬金術のようだったのでしょうね177.png

そもそも水晶に他の鉱物を混ぜて焼いても割れてしまうらしく
純粋なクリスタル以外にはボウルとして完成されなかったらしいのです。


そんな中、クリスタル・トーン社のルピト・ジョーンズさんと、ポール・ウッツさんらの
ふとした思いつきがきっかけで生まれたのがこのアルケミーボウルだそう

そして最初に混ぜられた石が、なんとモルダバイトなんだそうです!
それもまた素敵ですね~♪(モルダバイトは隕石が地球に衝突した時にできるガラス質の石)

110.png


以前の会社で、サウンドヒーリング協会の立ち上げに携わり
協会のチーフインストラクターをしていた私ですが
その頃、ニューヨークコーネル大学のミッチェル・ゲイナー先生にお会いする機会があり
クリスタルボウルに興味を持ち始めました。

ゲイナー先生は癌の患者さんたちの治癒の促進の為
クリスタルボウルの音の響きを定期的に使っていらっしゃいました。
先生はクリスタルボウルを奏でながら
マントラ、トーニングなども一緒に使っていました。

音の力 声の力
言葉の力
そしてそれを使う私達の波動
そこにとても惹かれたのを覚えています。


107.png

そしてクリスタルボウルを習いに行ったのですが・・・

やってきた!アルケミークリスタルボウル_d0085018_00112677.jpg
上の写真は15年前の私(さすがに若い!)↑↑↑
当時はまだこの大きなフロストのクリスタルボウルしかありません。

大きく重量もあり、
音も重く、地を唸るように響いていた記憶があります。

なんとなく手元に置く気にはなれませんでした。


そしていつしか「音」の世界から
「色」の世界へと気持ちが移り・・・
オーラソーマという色の世界でずっと遊んできました。


104.png

でもまた今ここで
「色」と同じ光である「音」の世界へも
やはり深く惹かれている私がいるのです。


音には
人の意識を目覚めさせ
一瞬にして変容させていく強さが秘められています。

クリスタルボウルも本当に素晴らしいツール
わかっていたのに

なんだかずっと意地を張って
手を出すことを引き伸ばしてきたような気もします。



思考では「え~・・・また他にも何かやるんですか~」と思っているのですが(笑)
先月のイギリスリトリート後、特に
もう自分の感覚でしか動けなくなっている私がいます164.png

やってきた!アルケミークリスタルボウル_d0085018_00563993.jpg

この子達がこれから私をどこに連れて行ってくれるのか、
そしてどんな形で地球へ貢献していくのか…

今ははっきりわからないのですが
とてもとても楽しみです音符


今回、私がクリスタルボウルを購入させていただいたのは
クリスタルボウルも一緒に選んでいただきました♪





by ayura-smile | 2019-07-17 01:22 | 音・声

変容の時・・・・しなやかな心でいつでもどんな時でも愛に向かって「今ここ」から始めていきましょう☆


by 安生裕子(あんじょうゆうこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31