イギリスの旅② レイライン


イギリスの旅② レイライン_d0085018_00030619.jpg

グラストンベリーにそびえ立つミカエルの塔へは
かなり急な斜面を登っていきます。


羊たちが草をのんびりはみながら
その姿で私達を癒やしてくれるけど

その鳴き声はどことなく
よそよそしく

彼らの世界(違う次元の世界)を生きている・・・
そんな気がします。


イギリスの旅② レイライン_d0085018_00031806.jpg


イギリスの旅② レイライン_d0085018_00121379.jpg
は~~~ようやく塔に到着~


イギリスの旅② レイライン_d0085018_00024502.jpg

360度を見渡せるこの地は

「セントマイケルズライン」と呼ばれるレイラインと

「マリアライン」と呼ばれるレイライン(エネルギーの龍脈)が流れていて

その2つのレイラインが交差するところと言われています。


イギリスの旅② レイライン_d0085018_00025867.jpg

丘の上の塔は「聖ミカエルの塔」と呼ばれ、

礼拝堂として使用されていたそうです。

大天使ミカエルが降り立った場所とも言われます。


イギリスの旅② レイライン_d0085018_00032998.jpg


天井はなく、ダイレクトに空に繋がっています。
頭が空へまっすぐ引っ張られる感じ・・・
イギリスの旅② レイライン_d0085018_00034033.jpg


お仲間の一人が
シンギングボウルを鳴らしてくれました。
塔の中とハートに共鳴して気持ちいい・・・。

イギリスの旅② レイライン_d0085018_01045932.jpg


誰かが祈りを捧げたのか、
  可愛いお花が・・・。
イギリスの旅② レイライン_d0085018_00255207.jpg



他に人気がなく
私達だけ・・・

静謐な時間

何かが心と身体に語りかける

大地と空を確かな光の糸が結んでいる感覚

そして天と地を結ぶ光の柱でもある私達は
一つ一つの光の点

そしてその光の点と点が結ばれて
この地球を包み
たくさんの光線になっていく・・・


黒い雲が雨を運んできて
足早に丘を降りて行くときも

子羊は駈け
大人の羊はただ黙々と
ほんとうに黙々と
草をはんでいました。。。
イギリスの旅② レイライン_d0085018_00512382.jpg

175.png176.png
イギリスの旅② レイライン_d0085018_00392837.jpg


グラストンベリーの街
お店のディスプレイも妖精の世界

本屋さんにも魔法がかかっているみたいです

イギリスの旅② レイライン_d0085018_00393955.jpg

イギリスの旅、次回へ続く

by ayura-smile | 2019-07-01 01:17 | 愛への新しい始まり

変容の時・・・・しなやかな心でいつでもどんな時でも愛に向かって「今ここ」から始めていきましょう☆


by 安生裕子(あんじょうゆうこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31