お返事から☆

d0085018_11203036.jpg祈りの声かけをした中に
被災地仙台にいるT.Oさんから、メールが返ってきました。
ご了承を得て、ご紹介させていただきます。

皆様からも、本当に沢山の暖かいお返事をいただきました。
本当にありがとうございました。

今、原発問題を始め、沢山の恐怖に私たちは取りつかれています。
日本から脱出する人もいます。
でも果たして、今日本に起こっていることは、一体何を表しているのでしょう。
命って、何でしょう?何を恐れているのでしょう?
私たちは何のために生きているのでしょうか?
安全で、平和を求めるけれど、安全で平和だったら、どう生きるのでしょう・・・

被災に遭った人と遭わなかった人・・・それは違う人なのでしょうか?
全ては私たちの一部。
今回の地震も原発の問題もまた私たちの何かが反映していて、大きく意識を変えていかなければならないことを教えてくれています。

一緒に考えましょう。

写真はオーラソーマボトル・大天使サンダルフォン
「すべてのネガティビティの変容」です。

T.Oさんからのメールはこちらです↓
(続きを読む)
    



こんにちは安生先生…

一度在学中にメールさせて頂いてました。覚えてますか?
リフレクソロジー養成学院去年9月卒業生仙台在住のT.Oです。
心温まる有り難うございます。
一言…怖かった…本当に怖くて…裸足で逃げました。
もう仙台は終わりだって思いました…
まだ津波で行方不明の知人や家族、家を流された知人がたくさん要るなか…私はまだいいほうで…
あんなに揺れて部屋はめちゃくちゃだったのに水は普通に…電気は次の日の夕方に復旧しました。
でも全国に知られていない土地は未だに電気・水とガスは復旧の見通したっていないみたいです…
毎日当たり前のように生活し電気・水を気にもせず使っていてこんなに大変な事だったのかと言うのが身に
しみて毎日を頑張って生きてます。

地震のショックで仙台を離れ東京や新潟に逃げている人がたくさんいるとききました…
バスも3週間満席でキャンセル待ちは不可能だと…テレビでこんな情報を放送するのは異例だそうです。
仙台駅もめちゃくちゃで復旧の見通しもたってないと言うことでこれまた大ショックうけてます。
ちょうど地震のあった次の日に東京行きを楽しみにしていたので…

ここで色々な手段を使って東京や他県へ行くのはできるけど私は怖くて毎日寝れ
ないけど仙台やまわりが落ち着くまで仙台から離れないで困ってる人達の何かの役にたてれればいいなと思ってます…

テレビで見るのと実際の現場はかなり過酷で… 親戚を探しに津波でかなりの被害にあった所にいきましたが…戦後です…生地獄…とはこの事かも知れません…
涙が止まらずほとんどのなくなった方は溺死…どれだけ苦しく痛かったろうに…と胸を傷めてます 。

長くなりましたが先生…元気になり東京行けるようになったら一度サロンにも行きたかったので絶対行きますから!
リフレ学院の先生にも連絡しました。(涙)
学院の友達も毎日でやりとりして元気づけられています。
先生、私がんばります。毎日涙はでるけど負けないでがんばります。 試験の時みたい(笑)
有り難うございました。
頑張ります!東北!

******************************************
by ayura-smile | 2011-03-17 12:33

変容の時・・・・しなやかな心でいつでもどんな時でも愛に向かって「今ここ」から始めていきましょう☆


by 安生裕子(あんじょうゆうこ)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30