アマリリス

アマリリス_d0085018_13553891.jpg今年の暮れに、
お花屋さんでアマリリスを購入しました。

本来なら6月くらいに咲く花の芽が、店頭に寒そうに並んでいて、
思わず連れて帰ってしまったのですが、
デロンギヒーターとお日様の日差しに守られながら、
次々に美しい花を咲かせてくれています。


昔、オカリナやたて笛で「アマリリス」の歌を良く吹いていたのを思い出しました。
歌の歌詞は思い出せないけど、
「アマリリス」という、その音の響きが可愛くて好きでした♪

アマリリスを調べてみると、

・彼岸花(ひがんばな)科。
・ ギリシャ語の「hippeos(騎士)または hippos(馬) + astrom(星、似る)」が語源。
馬のように大きい星形の花、の意味。
・ローマの詩人ヴェルギリウスさんが作った 詩歌のなかで登場する羊飼いの娘の名前が 「Amaryllis アマリリス」で、名前はそれに由来する。
・花言葉は「誇り、内気、すばらしく美しい」。

羊飼いの娘さんの名前なのですねぇ~。

アマリリス_d0085018_14542155.jpg
アマリリスの花は、きれいに左右対称に花開きます。
最初は、それぞれの花が蕾の状態で一つになっているのに、
花が開くときには、あたかも一つであったことも忘れたように
全然違う方を向いて咲くのです。

ひまわりのように太陽に向かって顔を向ける花
クリスマスローズのようにうつむきがちに咲く花など、色々ですが、

このアマリリスのきれいな左右対称を見ていると、そこにきっぱりとした強さを感じますね^^

鏡のように映し出す右と左、光と闇、男と女・・・

私たちも2元性の中に、お互いの違いを映し出しながら、自分の中にある質に気づくことがあります。
そして、実はもともとそれを融合している大きな光の本質であるということに気づくことがありますね。

アマリリスのトリックのような不思議な魔法に魅せられた冬の午後058.gif
by ayura-smile | 2010-01-22 14:55 |

変容の時・・・・しなやかな心でいつでもどんな時でも愛に向かって「今ここ」から始めていきましょう☆


by 安生裕子(あんじょうゆうこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31