ゆらゆらあゆーら

紅花とキャンドルナイト

d0085018_23381072.jpg先日紅花の花摘みをしてきました。

黄色と橙の可愛い色に、暖かな思い出が蘇ってきました。
ずっと昔、お付き合いしていた彼が、初めて私に花をプレゼントしてくれたとき
この紅花をプレゼントしてくれたのです。


不器用そうに差し出して「なんとなく似ていたから」と言われたとき、
「なんで紅花なの????」
と、ちょとだけがっかりしたのを覚えています(ごめんなさい・・・・笑)。

人の感覚や感性の違いを楽しめるようになって、
どの命の中にも美しさを感じられるようになった今、

彼にとっての私は、紅花みたいに
ポンポンと元気に咲き、嬉しい気持ちを感じさせる存在だったのかしら・・・
と思えるようになりました。


元気な黄色と橙は、太陽の色ですね。
暖かで、幸せと喜びを惜しみなく分け与えてくれる太陽。


太陽といえば、今日は夏至でした。
お日様の愛、地球の愛・・・・、
地球温暖化が深刻になっている今、私たちが宇宙にお返しできる愛についても考えていこうという動きが世界中で広がってきています。

夏至または冬至の日に2時間だけ電気を消して、キャンドルだけで夜を過ごす
「100万人のキャンドルナイト」。
ここ何年間か、私もできる限り意識して電気を消して過ごすようにしています。

二酸化炭素を排出する火力発電の稼動を抑え、地球の温暖化に少しでも歯止めをかけようとする動きですが、勿論微力かもしれません。
けれど、頭で考えて動かずにいるより、まず行動に移してみた方が断然気持ちよいですものね。

d0085018_23384599.jpg電気を消して、キャンドルを灯し、
お酒を飲むも良し、ゆったりお風呂に浸かるのも良し。

目が見えることで、感じることができなかったものがたくさんあることに気づきます。
それは私達にとって、本当はとても贅沢なとても必要な時間なのではないかしら・・・と感じます。

夏至の日に限らず、キャンドルの明かりで過ごす時間。
普段と違う感性が動き出す素敵な時間です。
あなたも楽しんでみませんか。
# by ayura-smile | 2007-06-22 23:55 |

ドクダミ君

d0085018_1924962.jpg
強い雨と雷の後、裏庭に出ると
湿った土の匂いと混じって不思議に懐かしさを感じる匂い。

去年まではあまり生息していなかったドクダミが、奇麗な白い花を咲かせていました。


植物はどこからどうやってこの地に生息すると決めるのでしょうか。
その家の周りに生息する植物は、その家に住む人の体調に良く効く効能を持つものが多いと言わています。
ドクダミの効能といえば・・・
高血圧改善、動脈硬化予防、冷え症改善、皮膚病改善、整腸
ふんふん・・・
そういえば最近やや・・いえかなりの運動不足かも~!!!

自分の身体のことを植物が教えてくれていると思うと
この植物達の計り知れないパワーに、益々頭が下がる思いです。

今日は根菜の沢山入ったおいしいお味噌汁で身体を温め、
お風呂でのんびり腰湯でもして、汗をいっぱいかいちゃおう~♪
# by ayura-smile | 2007-06-10 19:23 |

ネロリ~な♪

d0085018_155348.jpg
私の家はお隣の家とお庭が繋がっていて、
窓を開けるとお隣の家のオレンジの木が挨拶をしてくれます。
オレンジの種類はよくわかりませんが、
この季節に白い可愛い花を咲かせ
甘く素晴らしい香りを楽しませてくれます。


オレンジの花といえば、ネロリの精油(通常はビターオレンジの花)。
17世紀、イタリアのネロリ公国の公妃がとても愛した香りとして有名ですね。
閉じ込めた感情を解放し、根の深い落ち込みからも救い、
希望と喜びへと導いてくれる精油。

昔はこの精油の香りが苦手だったのですが、
この生の花の香りを嗅いでから大好きになりました!
特に頃を同じにして、我が家の愛する薔薇の香りと混ざり合い、
それはもう・・・・・贅沢で優雅な香り♪


ミツバチもアゲハ蝶も、そしてこの私も
幸せの魔法の中にすっぽりと溶けています・・・・(*:*)

d0085018_159541.jpg

あれっ?
ネロリの妖精???
# by ayura-smile | 2007-05-19 02:01 |

絵手紙

d0085018_1435672.jpg
絵手紙をいただきました♪
今は九州に住む愛すべき後輩の女の子からです。
少し遅れた母の日のプレゼント?
カーネーションが私の好きな薔薇に似ているところも、
なんとも素敵です。

メールが中心になってしまっている日常で、
手描きの絵と文は暖かさと豊かさを感じさせてくれます。
そしてシンクロするように、私の庭で咲いた黄色の薔薇(ゴールデンボーダー)。
並んでもう一度パチリ☆
d0085018_1505078.jpg

# by ayura-smile | 2007-05-19 01:54 | 日々のあれこれ

リラの花は花盛り

d0085018_1582217.jpg庭のリラの花が満開になって、あたり一面良い香りを撒き散らします♪
リラの鉢植えを買ってきて、最初の冬、あまりにも細い枝が枯れ木のようになったので、もうすっかり枯れてしまったのじゃないかと心配しました。
見事に「復活」という感じで葉っぱを付け、毎年やさしい紫の花と素晴らしい香りを楽しませてくれます。
丸坊主の男の子が淑女に変身するのですから、それはもう・・
どの植物も同じなのだけれど感激ものの大変身です。

私の家は隣のお庭と繋がっていて、
ちょうど窓を開けると、オレンジの木が目の前にあります。
今年は剪定の時期があまり上手くなく、隣の家から心配していましたが、
ようやく可愛い蕾を付け始めました。
私の薔薇と競うようにして咲くネロリの花♪
朝起きて窓を開けるのが一番幸せな季節がもうすぐやってきます。

香りを持つ花に魅せられ、
花の命の健気さに惹かれ、
大きな自然の力に全託しながら、全てを受け入れ、
何の力みもなく、持っている全てで開花していく・・・
そんな美しい花達に憧れ、
私もそうありたいと願う・・・・

「Ayura*Rose」は「薔薇の生命」

早いもので「Ayura*Rose」を立ち上げて,1年になろうとしています。
(でも実はいつが、本当の立ち上げだったのか・・・あまり良く覚えていないのです・・・
薔薇がいつもの年よりたくさん咲いた・・・)
そう、薔薇の季節であることだけは間違いないのですが・・・(笑)

そしてどれほど、この可愛い植物達に慰められ、癒され、サポートしてもらったか・・・
またそれと同時にどれほど、多くの人に助けられ、励まされ、歩かせてもらったか・・・

なんだか、こんな気持ちの良いお天気に
妙に泣きたくなってしまいました。


全ての事に無限の感謝をこめて・・・

皆様本当にありがとうございます☆


ayura
# by ayura-smile | 2007-04-30 15:57 |

がんばれ!てんとう虫

d0085018_1140513.jpg
我が家の庭の薔薇が蕾を膨ませ、
開花を心待ちにしている今日この頃。
あまり薬を使わずに育っている薔薇達の強い味方は、
このてんとう虫やバッタ君たち。
柔らかい新芽につく薔薇の天敵、緑色の油虫をせっせと食べてくれます。小さな世界のサバイバル。
どんな命も尊いけれど、今は、「がんばれ、てんとう虫~!!」
# by ayura-smile | 2007-04-26 12:19 |

つくし

d0085018_11111025.jpg
つくしを見つけました!
あまりに久しぶりの発見に、大事な宝物を見つけたようで嬉しくなりました♪
# by ayura-smile | 2007-04-10 11:13 |

思いのまま

d0085018_18174033.jpg
d0085018_19415961.jpg
大切な友達リエさんが、贈ってくれた写真
私の大好きな大倉山公園の梅の木
「思いのまま」

母の病気のケアに明け暮れ、
今年も会いに行けなかった私の大事な梅の木の写真を、
私と母の為にと撮ってきてくださり、素晴らしい香り&エネルギーのミスティカオイルとともに贈ってくださったのです。

本当に多くの方からのお手紙やメール、お電話、お花など温かい気持ちに支えられ、
そして皆様からのパワフルな遠隔ヒーリングを頂き、
母の左肺摘出手術も無事終わり、驚くような順調な回復ぶりに病院の先生方も目を見はるほど。
この場をお借りしてお礼を伝えさせてくださいね。
皆様本当にありがとうございます☆



私の好きな、この梅の花「思いのまま」。
いつのまにか今年の梅の季節も終わりに近づき、桜の開花に心が移っていきますが、

やさしい香りの梅の花には、白加賀、南高、道知辺(ミチシルベ)、春日野(カスガノ)、浮牡丹(ウキボタン)、光輝(コウキ)、蝶の羽重(ハガサネ)など、その名も風雅なものがありとても楽しいものです。

そして毎年会いにいきたくなる木がこの「思いのまま」という名前の、私にはとても大切な木なんです。

1本の木に赤と白の二色の花をつける・・・まさに思いのまま♪

10年程前に離婚のことで悩み疲れ、耳が聞こえなくなってしまった私を
この木はまるで「そのままでいいんだよ」と言って許し、慰めてくれるように立っていたのです。


人は時として、頭では答えを出せないような現実に直面するような時がありますね。
例えば一つの答えを出すことによって、誰かを傷つけてしまうような結果になる場合などは特に・・・。人生を変えてしまうくらいの大きな決断の時もなおさらです。

頭ではどうしても決断を下せない時に、私が信頼したのは深い自分の中の声。
それでもそのハートの声を聞いて、その声を信頼するには本当に勇気が必要でした。
そして、自分が出した答えに全て自分で責任をとって、そのプロセスを信頼して進んでいく・・・・それは本当の意味での自立だったかもしれません。

そんな時に、この梅の木はやさしく、強く、凛として、でもどこかに遊び心さえ漂わせ、
私の心を励ましてくれたのです。

「思いのまま」に生きるには、
自分の人生に責任をとる勇気と、どんなリスクをも乗り越える強さが試されますね。
でも大きなハードルを一つ乗り越えた時、
自分の中にこんな強さがあったのかと思うほど、強くなっているような気がします。
そして、強くなった分、遊び心をもって人生を渡っていけるようになるかもしれません。


多分多くの場合、人は頭で答えを出しますが、
自分のハートの声を良く聞いて、光や暖かさを感じる方へと自分を推し進めていくのことも大切かもしれませんね。
ハートの声に従ってみると意外な展開に、楽々ハッピーになってしまう・・・なんてこともあるかもしれません。

そう、まさしく
「思いのまま」

赤と白の2色の花を1本の木に咲かせても良いのですものね(^0^)/


大倉山公園の梅林は早朝や夕暮れ時、その芳しい香りに包まれる頃、妖精たちがクスクス笑う声がするようです。
# by ayura-smile | 2007-03-11 19:33 |

マジェンタの愛

d0085018_1730185.jpgオーラソーマボトルB67
マジェンタ/マジェンタ 「神聖なる愛」

 4層に分離したまま濁った愛しいボトル

 このボトルのメッセージは「天からの愛」
 「小さなものへの愛」

      

ガンの手術で入院中の母と、すっかりしょげている父のお世話から自宅に戻ってきた途端、
首が痛くて回らなくなってしまった私。
はっと思い出して塗ってみたのがオーラソーマ「マジェンタ/マジェンタ」のオイル。
恐ろしいまでに汚く濁って分離したと思ったら、嘘のように痛みがスーっとひいてしまったのです!!!

「マジェンタ」は「ケアする人のケアー」という意味があります。
そのことを心の底から思い知った私です。
そして私の心と体と魂を深く癒してくれたこのボトルが、またとても大好きになってしまいました。


あ~・・・・やっぱり恐るべしオーラソーマ!一体何なんだろう・・・これは・・。
やればやるほど、使えば使うほど、ボトルの中に閉じ込められた精霊達が深く係わってくれるような気がします。
きっと私の中で、とても大きな大きな愛を、「家族」という大切なかけがえのないものから再発見する、ここ最近の出来事と妙に関連していたのかもしれません。


母の病気のおかげで、昨年末から自分の中で考えさせられている、「家族愛」・・・。
空気のように当たり前の存在である家族。
全てを受け入れる母と、自由を教えてくれる父の間で、本当に沢山の愛を受けて育った私。

そもそも18歳から家を出て一人暮らしを始め、
早々と20歳で子供を生んだ私は、いつもどこかで不完全燃焼のような気持ちにかられ、
36歳で離婚をしてからは本当に「自分」というものを確立することしか頭になかったのです。
親よりも子供よりも、「自分」という存在理由を追い求めることを最優先してきて、ひたすら突っ走ってきてしまったのです。


何故かいつまでも両親は元気でいるもの思っていて・・・・。
でも気がついたらとっても年をとってしまっていたなんて。。。。。

子供達が大きくなって、時々ポツンと一人で家にいると、無性に寂しくなるこの頃になって、
ようやく母の気持ちがわかったのです。

「あ~母はどんなに寂しかったろう・・・」と・・・・。

そして離婚につき合わせてしまった子供たちも、どれほど家族の愛情を欲していただろう・・と。
突っ走る私に良くついてきてくれたものです(感謝・感謝・・・)

「家族」というものを大事にできずにきた私が、この年になって嘘のようにやっと気付かせてもらったのです。

「お父さん、お母さんごめんなさい。」そして「子供達よ、ごめんなさい」・・・。


本当に大切なもの。
それはとても当たり前で、日常的なささやかなものの中にある。。。。
(これも「マジェンタ」の大切なメッセージの一つです)



大きな宇宙からみたら、私達の人生は「まばたき」の「ま」の字にもならないような短い時間。
そしてこの人生で、家族として生まれてきたことの確立といったら・・・・想像を絶します。


だからできるだけ一緒に
できるだけやさしく
できるだけ感謝を言葉にしていきたい。
そして、ほんの少し時間をさくだけで、愛を行動に移していくことができるのですから。


観音様のような笑顔の母は何故か病院でも人気者。
きっとガン細胞も消えてくれるに違いない。。。。。

生まれたての新月にそっとお祈りをした私です。
# by ayura-smile | 2007-02-20 18:54 | オーラソーマ

感謝の力

d0085018_1556135.jpg
昨日、母が明治神宮に行きたいというので、二人でお参りに行ってきました。
私はこの鳥居が大好きで、一人でも良くエネルギーチャージしに出かけるくらいです。
金色のシャワーが心も体もオーラもきれ~いにしてくれる感覚があります。


今日は、「母の肺ガン消失!」のお話が書けたら良いなぁと期待していましたが、
セカンドオピニオンを受けた病院でも、はっきりとガン告知をされました。
手術に備えてまた沢山の検査が待っている母をどんなふうに元気づけようか・・・
とまたまた思い悩む私です。



昨年から検査検査の日々・・・
小さなガン細胞君らしき存在が発見されてから、母も家族も大きな大きな意識変革をさせられてきたのだと感じます。

母の中で、自分を大事にすること。
余計なことで、心配づくしの生活をやめること。
自分の人生で本当にやりたいことを決め、自分で選択すること。
そして、今ある全てに感謝すること。

そして、この私もまた、自分を確立することばかりに一生懸命だった時期を過ぎ、
周りの人にお返しをしていく人生の分岐点に立ったのだということを教えてくれます。
そして改めて、家族というものの大切さを学ばせてくれます。

大切なことを教えてくれる
かけがえのない人の病。


感謝。
感謝。
感謝。


多分この言葉しか人生を変えるものはないのかもしれませんね。


ヒーリングや代替医療に携わる自分の仕事がら、
母がこのまま手術をしても良いのかどうか・・迷いがないわけではありません。
でも肺ガンで手術できる割合は25%といいます。
それだけ、早期発見が難しく、転移の可能性や進行性の高いガンだそうです。
抗がん剤や放射線治療もなく、摘出できれば一番良いとお医者様はおっしゃいます。


それでもガン細胞とて、自分自身の大切な細胞。
自分で作ったのなら、消えていくことだってあるわけだし・・・と、
私ができるヒーリング、受けられる代替医療、サプリなど、色々やっていくうちに
少しづつ母の中にガンに対する感謝が芽生えてきたとき、
ひょっとしたら、手術をしなくてもこのままガン細胞君は消えていくのではないかしら・・・

と淡い期待を抱くようになりました。

セカンドオピニオンを受ける病院でも、つらい内視鏡の再検査があったのですが、
「青と緑の光の玉が見えて、楽になった♪」
「右肩にゴールドの線が幾筋もかかって、守ってくれた♪」
と嬉しそうに興奮して話してくれる母でした。
「私の病気は治った!健康そのもの!」というイメージトレーニングまで素直にやっていたのですが。。。(笑)


それでも、検査の結果はガンだから、手術をと・・・。

手術をすることが、全てにおいて一番良い方法だと神様が教えてくれているのでしょうか。
そして、ある意味、手術を受けられる状態であることはラッキーなことなのでしょうか。


何でも前向きにとらえ、この状況を感謝して
受け取っていく時なのかもしれません。


きっと大丈夫!
お試しお試し!
きっと一番ベストなんだ!


そんなふうにまず自分を元気にさせながら、
このプロセスから喜びと祝福を受け取りたいなぁ~と思っています。

そして、感謝の力が幸せの現実を創っていくことを確かめることができたら・・・
と思っています。


d0085018_16594913.jpg

# by ayura-smile | 2007-02-09 17:01 | 日々のあれこれ

オーディナリー・ミラクル

d0085018_0422689.jpgネコの額ほどの小さな私の庭に、
毎年3月の初め頃咲くチンチョウゲの花。
春の訪れと共に、私の誕生日を知らせる香り・・
その切ないほどの愛しい香りに、毎年胸を躍らせるのですが
今年の冬は昨年末から小さな蕾をつけ始め、だんだん膨らみを増してきました。
この分なら、1月の終わりには花を開かせるかもしれません。

ワシントンでも桜が咲いたり、北の海では温帯の魚が採れたり、地球の温暖化による異常気象が続出したり・・地球が私達に送ってくるメッセージを、真剣に受け止めなければ手遅れになるニュースばかりが飛び込んできます。

私たちの体も、何かが満たされないとき、食べ物を食べ過ぎます。そして、お腹をこわしたり、風邪をひいたり、ギックリ腰になってみたりと、自分で自分の体を壊すことで、そのバランスを取ろうとするときがあります。

足りないものは何でしょうか。。。。
地球も人間も大きな愛で満たしていきたいですね。
私達にできること、小さな愛から始めます。

チンチョウゲやヒヤシンス、梅や雪柳・・・そして桜へと・・・。
季節の訪れを歌うこの花たちが、きちんと一番素敵に咲くように
美しい星を守っていきたいですね。


d0085018_1244015.jpg
昨年クリスマス前より公開している「シャーロットの贈り物」の
エンディングテーマより♪

「オーディナリー・ミラクル」

不自然なことじゃないのよ   何もかもが美しく見えるのは
それは今日もまた  ありふれた奇跡が起こっているから
                空が  雪の降らせ時を知っているのも
                種に  育ち方を教える必要がないのも
                今日もまた   ありふれた奇跡が起こっているから

                人は言う    人生は毎日が  
                その人のために包まれた 贈り物のようなもの
                包みを開いて 見つけましょう  
                あなただけの贈り物を  おすそ分けする方法を

                素晴らしいことじゃない?
                雨が一粒一粒落ちるたびに
                今日もまた   ありふれた奇跡が起こっているなんて
                鳥たちが 冬には羽を伸ばしても
                春までには ちゃんと巣に帰ってくるのも
                今日もまた   ありふれた奇跡が起こっているから

                  (中略)

                私たちはみな  ありふれた奇跡の一部だから・・・
                ・・・・・(続く)・・・・・・・♪
# by ayura-smile | 2007-01-16 01:49 | 日々のあれこれ

樹齢1000年

d0085018_1651326.jpg
2007年 明けましておめでとうございます。
新しい年が世界中の人にとって幸せな年でありますように・・・
心から願い、祈ります。

今年は元旦に、本当に何年かぶりに両親と揃って、
近所の神社までお参りに行きました。

そこは小さな頃、よく家族で大晦日の鐘を聞きながら、初詣でに行った神社で、
大きな大きなカヤの木があります。
樹齢1000年を超える大木で、落雷で枝を少し失ってはいるものの、その凛とした姿は
大きな叡智と無の心を感じさせる素晴らしい姿です。

どんなに沢山の出来事を見て、聞いて、感じてきたのか・・・
静かに木と話をしながら、自分の内側が深く癒されていくのを感じました。

ただただ存在していることの大切さ。
ありのままに存在し、生命を全うするだけで
私たちは、本当は素晴らしいんだってことを教えてくれます。

何かができるからではなく、
何かを持っているからでもなく、
ただただこの地球に存在して、頂いた命を全うすることの力強さ・・・
大カヤの木に、お日様の光がやさしく、暖かく降り注いでいました。


d0085018_17133570.jpg
そして、同じ神社の境内にこんもりと茂ったキンモクセイの大木
丸くドームのように茂った緑の葉、
その木の下に入って上を見上げると、キラキラキラキラ陽の光がプラネタリウムの星のように輝いて、とても奇麗でした。



静かに
穏やかに
ゆっくりと時間が流れたお正月


ふと目をやると
いつの間にか、年をとってしまった・・・そんなふうに思える私の両親が
そこにやさしく佇んでいて、
大人になった私を、まるで小さな子供を見るように見ていました。


1000年生き続ける大カヤから見ると
私たちの命の短さ
けれども、その多様さと尊さ・・・・

父母の人生もまた、生きる力を教えてくれる大切で尊いお手本なのです。
# by ayura-smile | 2007-01-04 17:35 |

ご大切


d0085018_23492569.jpg


メリークリスマス!

あなたにとって、大切な人は誰ですか?
あなたが大切にしたいものは何ですか?

クリスマスやお正月・・・この季節はいつにもまして、自分にとって大切な人、自分の中の特別な想いを再確認する季節だったりしますね。

家族や友達、恋人、職場の仲間・・。
いつも何気なく傍に居てくれる人。
空気のように、ただただありのままの自分を認めてくれる人。
元気や勇気をくれる人。。。。


大好きな人やもの、大切な人やものが存在すること。
そして大好きなものを素直に「大好き」と言えること。
大切な人やものを心のままに大切にできること。
とても素敵なことですね。


何年か前に素敵な言葉を教えてもらいました。
「ご大切」という言葉です。
室町時代にキリスト教が日本に伝わってきた時、
神様の愛や、人が人を慈しみ合う「Love」という概念を
抽象的な「愛」ではなく「ご大切」という言葉で伝えたということなんです。
とてもやさしい言葉ですね。


今のように物質的に多くのものがなかった時代の人々は、
ひょっとしたら、今の私達以上に「ご大切」という気持ちを心に抱いて
生活していたかもしれません。


沢山のプレゼントが、素敵な包装紙に包まれて行き交うクリスマス。
大切な想いをどうか一緒に伝えましょう。

あなたの「ご大切」な人に是非大切な気持ちをきちんと伝えてみましょう。
たった一言の言葉、やさしい眼差し、掌の温もり。。。。

普段何気なく伝わっていると思っても、
もっともっとお互いの「ご大切」を感じ合うために。


そして今年一年頑張った最愛の自分自身にも、
ご大切の気持ち、感謝の気持ちを言ってあげましょう。
あなたの体の細胞一つ一つが喜んで、
きっとまた来年も幸せを創っていってくれるでしょう。



d0085018_2346598.jpgオーラソーマ・カラーシステムのボトルにはクリスマスカラー(緑/赤)の美しいボトルや、
キリストの名前が付いたボトルがあります。
愛、情熱(赤)をハート(緑)から伝える、ハートから与えて受け取るという
大きなメッセージが溢れています。


それでは皆様、素敵なクリスマスを・・・☆
そして素晴らしい新年をお迎えくださいね。

明日のあなたがもっともっと幸せでありますように!
世界中の全ての人が幸せでありますように!



愛と感謝をこめて・・。


あゆーら






☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆☆.。.:*
# by ayura-smile | 2006-12-25 23:56 | 日々のあれこれ

天使が地球を囲む日

クリスマスが近づくこの季節、空が凛となって星がことさら奇麗に輝くと、胸がキュッ、キュッと鳴るような感じがします・・・・・何かを待ち焦がれている私がいます。

何を待ち焦がれているのかな・・・

遠く離れた大切な人からのメッセージ?
喜びに満ち溢れた瞬間。
小さな頃から、この季節は特に何かを待ち焦がれている、
この感覚が強くなるのはどうしてでしょう。

この地球に生まれたときから、焦がれている瞬間。
美しい星の輝きを見ていると、この気持ちが大きくなって、
体ごと星空へ吸い込まれそうになります。


私に届けられた一冊の本。

あなたもきっと思い出すでしょう。
光に還る祝福の時

d0085018_18405513.jpg美しい葉祥明さんの絵は、可愛い天使たちが地球をとりましています。私たちが光になるお祝いの瞬間。
そしてその一瞬は、きっと今も繰り広げられていて、その一瞬は永遠のものなんですね。

「永遠という一瞬」 十和音 響( Hibiki Towane) 著  
# by ayura-smile | 2006-12-12 19:00 |

カテドラル教会

d0085018_1241379.jpg新月の今日、夕方目白のカテドラル教会へ行ってきました。
マリア大聖堂として有名で、フランスのルルドの泉と同じ大きさと形が再現された洞窟もあります。
ルルドの泉にはまだ行ったことがないのですが、不思議に何人かの方から泉のお水をお土産に頂いていて、以前から気になっていた教会でした。

誰もいない教会の中、マリア様の像の前で静かに心を合わせていると、「今あるものに感謝をしなさい」「喜んで受け取りなさい」という感覚の声。そしておかしいのですが、「ありがとう」を1回言うたびに金貨が空から降ってくるイメージが(笑)。。。。

そして帰り際、献金箱に献金した後、小さなおみくじのようなものをいただいたのですが、
そこに書かれてあったのが、まさしく瞑想中に受け取ったメッセージだったので、
本当に嬉しい気持ちで帰ってきました。


「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい」
(テサロニケの信徒への手紙5章16~18節)


まだまだ私の頭の中に心配や不安が覆いかぶさってしまうこともあるので、神様に見抜かれてしまった!と思いました。
帰りの電車で,色々な思考が出てくるたびに、電車の中に座っている人達に向かって、心の中で「無限の喜びがありますように」「ありがとう」「感謝しています」を呪文のように繰り返し帰ってきた私です♪(これが私の祈りかな~。)

そういえば1ヶ月前ほど、母と明治神宮に行ったときにも、おみくじに「どんな困難なときも、心は楽しく豊かに保つように」というメッセージをいただいたのを思い出しました。

宗教を超えた同じ宇宙からのメッセージ・・・。しっかり受け止めます(^-^)

あえて自分で選んだ今の状況の中で、いつも喜んでいること、自分をご機嫌にしていること、全てに感謝することは本当の意味で自分の中の信仰(?)を試しているみたいな感覚かもしれません。でもそれはそれで、魂がこの挑戦を楽しんでいるようです。

カテドラル教会は私の好きなフォーシーズンホテル椿山荘のすぐ近くにあります。
美しいお庭が優雅なホテルのカフェで、一人アフタヌーンティーをしながら新月の願い事を書き上げた私です。


さてさて明日も全ての人に幸せなことがたくさんありますように☆☆☆


愛と感謝をこめて・・・。



あゆーら
# by ayura-smile | 2006-11-22 01:36 | 日々のあれこれ

ぶれない想い

d0085018_1784642.jpg大切な友達のバースデーをお祝いしました。

彼女といると、いつも自分の中のぶれてはいけない大切な中心を確認できます。
貴重なセラピスト仲間で私にはとても大切な存在である彼女。



あまりに商業化しているヒーリングの世界で生きていくことの戸惑いの中、
いつもお互いの大事なものを見失わないように歩いてくれる人。

自分の中のぶれない想い・・・。

その人が自分の中にある光を思い出せるように。
自分の力で自分を癒すことを促してあげられるように。
強い力に依存させるのではなく、ささやかな力でその人の力をひきだしてあげられるように・・・・。

そんな想いで、セラピストとして10年間活動してきた私。
こんなにもヒーリングが商業化した今の世の中では、あまりに弱いかもしれないけれど、
なくしたくない大切な想い。

メディカルサウンド、メディカルアロマ・・・・などの言葉には人の弱い心を惹きつけるものがあるような気がしていましたが、多分、今だに治す、治してもらうという期待と依存の関係が潜んでいるのかもしれないなと感じます。勿論それが悪いということではないと思いますが。

タッチすること一つでも、強い刺激より、点のやさしい刺激の方が相手の力を引き出せたり、ホメオパシーでは気が遠くなるくらいに希釈することの大切な意味があったり、オーラソーマのボトルも薄い色の方がより光が入って強力になるという意味をもったりします。

効くから、パワフルだから・・・・という安易な期待に大切な自分の力を委ねてしまわないように、それを扱うセラピスト自身もまた委ねないようにしなければいけないと感じます。

そして私はどうしたいのか。
何を選択していくのか。
自分の中のぶれない想いを大切にしながら、できることと、本当にやりたいことをやっていこう。

そして、いつも彼女と笑いあいます。
「多分きっと、これが仕事じゃなくても良いんだよね。仕事でなければもっと楽かも?」
「でも、なのに、何故セラピストを仕事として選んでいるんだろうね」

「でも私は、きっとこれしかできないし、したくない」・・・・・。
私の中で、それは泣きたくなる感覚。多分、魂の声に忠実にしたがっているだけ。
それもまた自分の中では驚くほど、ぶれない想いだということに気づきました。


駅で別れた彼女の後ろ姿を見送りながら、沢山の愛とエールを送りました。
そして、同じような想いで歩いてくれる大切な彼女から、今日もまた沢山のエネルギーをもらったことに心から感謝しています。


d0085018_17102343.jpg

明日も頑晴ろうね☆



☆素敵なお友達Rさん 
ホームページ http://kalokalo.web.infoseek.co.jp
# by ayura-smile | 2006-11-18 17:15 | 日々のあれこれ

昇華

d0085018_1454240.jpg
懐かしい、大切な人に会いました。

こんなに静かに穏やかに、その人の存在を、魂を愛しく思えること。
時を超え、私の中に大きな喜びとなって戻ってきました。



期待と怒り、嫉妬、許せない思い、孤独、寂しさ、悲しみ、自己否定・・・たくさんの闇を支配する感情たちを味わいつくすことを教えてくれた人。
そしてまた、喜び、愛、ぬくもり、楽しさ、無邪気、笑い、赦し、やすらぎ・・・たくさんの幸せを教えてくれた人。
全ての感情を感じきり、昇華し、本当に静かに人を愛するとき、私自身が癒され、満たされるということを知りました。そしてそれは私自身に成長と豊かさを与えてくれたのだということも。


全ての人は必要な時に出会い、必要なだけ傍にいて、必要な学びをしていくもの。
時や距離を超え、繋がっている大切な人達。


静かな海のように、闇を包む月の光のように、何も求めず、ただただその人の存在を愛しく思えること。

ありがたいなぁ・・・。ほんとうに、本当にありがとう。

愛と感謝と祝福を・・・。



あゆーら
# by ayura-smile | 2006-10-28 01:13 | 日々のあれこれ

豊かな実

なんだか懐かしいような香りに誘われて、近くの公園へやってきました。
懐かしい香りは大きなやさしい銀杏の木でした。


d0085018_184912.jpg
優しい秋の日差しの中で、静かにベンチに座っていると、ポタッ  ポタッ  と、銀杏が落ちる音。金色に輝く葉っぱが、キラキラと揺らめく大きな銀杏の木から、その豊かさを受け取る大地。ポタッ  ポタッ ・・・。
静寂の中で感じる豊かな音色。
落ちる実の振動を足の裏に感じるような昼下がりの静かな公園で、ふと子供の頃を思い出しました。

幼稚園まで福島県の会津若松というところに育った私は、よく父や母と銀杏拾いに行ったものです。
長靴を履いて、銀杏の実を踏みながら、その強烈な匂いにはいつも閉口していました。
でも大人になって、銀杏のおいしさがわかるようになった頃には、都会での銀杏拾いはすっかりとしなくなっていました。

福島の家の庭には柿やいちじく、ざくろやあんず、びわやぶどうなど、たくさんの果物の樹が植えてあったので、子供時代のおやつはとても豊かだったように思います。
硬い胡桃の実を割る仕事は父だったり・・・。傍で割れた胡桃を尖った棒で次々食べて叱られたり・・・。そんな小さな頃の記憶が蘇ってきて、なんだか嬉しいような切ないような気持ちになっていると、
何やらビニール袋の音が近づいてきて、老年のご夫婦が銀杏を拾いにやってきたようです。仲の良さそうなご夫婦は静かに、でも楽しそうに、銀杏の実を拾っています。

季節を大切に感じながら、人が手間を掛けることを惜しまなければ、もっともっと豊かに生きられるのですね。
そんなことを感じた秋の日。
今度は早朝に銀杏を拾いに来ようかな♪(^0^)
# by ayura-smile | 2006-10-21 18:58 | 日々のあれこれ

triumph[トライアンフ]-勝利

triumph[トライアンフ]-勝利、大成功、成功の喜び

d0085018_19121718.jpg

オーラソーマのボトルB74はtriumph[トライアンフ]という名前が付いています。
上がペール(薄い)イエロー/下がペールグリーンのやさしい色合いのボトルです。


このボトルをクライアントさんが選んだ時は、いつもとって~もワクワクします。
そしていつも「あなたにとって勝利って何ですか?」という質問をしてしまいます♪
色々な答えが返ってきます。
仕事で自分が満足のいく結果を出すこと。
豊かさ。
愛に満ちた状態を手に入れること。
自分の思い描く人生を生きたとき。
汗と涙の結晶・・と応えた人もいます。
そして今日のクライアントさんは、「喜びに満ちていること」。
素敵な答えを出した彼女は、最近欝になってしまいお薬も服用されているということ。
その笑顔からは想像できないことでした。

でも彼女の選んだ1本目・2本目のボトルには、やさしさの色ピンクがあり、人に対し、いつもやさしく思いやりを持って接したいという想いがあふれていました。なので周りの人に気を使い、自分自身を後回しにしたり、自分自身を責めてしまったりすることが多かったようです。
彼女にとっては、人が喜んでくれることが自分の心からの喜びで、それを今世では一つの使命みたいに感じていたわけなんです。

でも体は正直ですね。
深い想いが自分でもコントロールできないくらい溢れてくると、
「あなたの向かう先はそっちじゃないよ」と教えてくれる時があります。

「あなたが今エネルギーをかけるのは、相手にではなく、自分自身ですよ。」というメッセージなのかもしれないのです。

「あなたをまず満たし、それが自然に溢れ出てくる時に、周りの人に喜びが伝わる」のかもしれないのです。「自分を大切にしていますか?」「自分を愛してあげていますか?」・・・・・・・・


そしてこのボトルには「道こそゴールです」という意味が含まれています。
「あなたが歩く道があなたのゴールであって、それこそが人生の勝利なんですよ」ということ。


彼女にとっての勝利が、「喜びに満ちていること」であれば、
まず、今、一瞬一瞬を喜びで満たすことから始まっていくのです。

周りがどんな状況にあっても、想いだけは揺らがない大きな信頼の碇りに繋がっていること、
そして自分の深い命の源の喜びを感じること、
そしてどんな小さなことでも良いので、自分を褒めて、自分がやりたいと感じたことを自分にやらせてあげる、自分を世界で一番大切な人として扱うことから始めましょう。

その一瞬一瞬の喜びに繋がっていくことで、あなたの人生は大きく動き出し、たくさんのサポートを受け取りながら喜んで変化していくことができるようになってくる。
そしてあなたが創った人生の道が全て喜びに満ちたゴールそのものであって、あなたにとっての勝利となるんですよ
と、このボトルは教えてくれているのです。


あなたにとっての勝利とは何ですか?
# by ayura-smile | 2006-09-26 12:24 | オーラソーマ

持っているもの

「やっと自分らしい生き方、本当にやりたいことを見つけたの!」
とその友達はキラキラした顔で笑います。まぶしくて呆気にとられてしまいました。
いつもおちゃらけることの大好きなその人が、いつになくあまりにも自然な笑顔だったから。

「本当にやりたいこと」
その言葉はもう何年も私を呪縛し続けている言葉かもしれないのです。

「あ~また私の分身が心からワクワクすることを見つけたんだな。」私の心は友達の喜びを一緒に感じながらも、例の感覚がよみがえって来るのを感じるのです。

私の魂の深い部分で、時々頭をもたげては消えていく不安。
何かを見つけられなくて、できなくて終わったたくさんの過去の人生が押し寄せて来るときがあるのです。今日私がここにいるために、何度もの人生を繰り返し生まれ変わってきたのか・・?と思うと、現在を生きることがとても大切に思えるから、だからこそ、無性に何かピカピカ光る私だけの「何か」を今生では絶対見つけたいとずっとずっと憧れ続けていました。

友達と別れてからの帰りの電車で、私の頭の中に
「持っているもの」という言葉が繰り返し、繰り返し聞こえてきたんですね。
「そうだよね、もう既に持っているものね。持っているものを大事にしろということね。。。。でももっとはっきり教えよ」と、私はその声の主に腹を立てていました。きっと小さな自分に対しての苛立ちだったのだと思います。
こんなに何年も恋焦がれている「私の光」を表現する何か。
「本当にやりたいこと」
「魂の根源から沸いてくるワクワク感」

10年以上前に読んだバシャールの本の中にもイヤと言うほど書かれていた「ワクワク」。
それを探し続けていた私。

でもその夜、また別の友達からのメールに
「実はね、密かにあなたの声が好きだな~って思っていたの。暖かくて、何故か涙が出てくる時がある」と書いてあったのを見て、何だか急にこちらが涙で滲んできてしまったのです。
自分では気づけないことだったのに、不思議に今まで何人も同じ事を伝えてくれた人がいたことを思い出し、自分が「持っているもの」の一つを私は初めてそこで受け取ることができたのです。

信じない、だから気づかない、だから受け取れない。。。。これを繰り返していたことに気づいたのです。
自分が持っているものを受け取れないなんてことが、あるのですね・・・・。


ワクワクを探し続けても、やはり外側にはないのですね。


「今はこれでいいんだな・・」
それは私が持っているものを受けとる準備が出来た時、自然に花開いていくものかもしれないし。そしてきっと日常のささやかなことにワクワクしているからこそ人は生きている・・・生きていることそのものが結局はワクワクなのだということですよね。




そして、いつも見事なまでに連携プレイを促して、たくさんの答えをくれる天使や光の存在たちに心から感謝しています。そして大切な魂の友達が一緒に歩いてくれるこの人生を、心からエンジョイしていきたいと思います。



d0085018_13402044.jpg
愛と感謝をこめて・・・



あゆーら
# by ayura-smile | 2006-09-15 13:45 | 日々のあれこれ

光と影

もう10年以上も前から瞑想を通し、私の魂が目覚めるためにベルを鳴らす恩師がいます。(ベルさんと呼んでいます)
私たちには、この3次元で色々な仕事に就くように、大きな宇宙の意識の中の一つの存在としても自分で選んだ仕事があるのだなと彼女を通して思い出す時、それはとても私を勇気づけてくれます。

地球という面白い星を選んで、その進化の過程を体験していく私達。
何度もの生を繰り返し、たくさんのことを体験して学んで(あるいは遊んで)いる私達。

男と女、善と悪などの2元性があり、時間軸という観念があるこの地球で、重たい肉体を持って生きていくことをチョイスしているなんて・・なんてエキサイティングなことでしょう!

でもついつい、自分がこのエキサイティングなゲームを選んだことさえ忘れてしまう時がありますね。すっかりそのゲームの中で、落ち込んで悩んだり、笑ったり、泣いたり、怒ったり。。。
私たちが選んでいるのは、スペシャルコース。
山あり、谷あり、砂漠あり、オアシスあり・・・。楽しいだけじゃつまらない。いつも幸せだけだったら自分が幸せなのかもわからない。愛を知るために悲しみや裏切りや、嫉妬や空しさ、報われなさ、恐れまでの体験が用意されているなんて、なんて贅沢なコースなんでしょう。

私たちはいつも幸せであることだけを望みがちです。
でも、結局は幸せを知るために影の部分が存在してくれているんですね。
だからその影さえまるごと体験するのが、幸せを感じるってこと、そのものだということなんですね。光と影はいつも一緒なんだということを忘れずに、その影に感謝できるようになると、影はすぐに光を見せてくれるように思います。

それでもやっぱり、光あふれる幸せな未来を描き、そこに向かって頑張ろうとする私たち。
でも時間軸を未来に向かって頑張っていくのではなく、ベルさんが私に教えてくれたのは、やはり、今の自分が「未来を引き寄せる」んだということでした。


未来を創っていくのではなく、「未来を引き寄せる!!」
わかりやすいですよね。

「今ここ」をご機嫌で生きていくことが、ご機嫌な未来を引き寄せるということなんです。

でも私たちは光と影の影の部分を見たくないばかりに、避けようとしたり、嫌ったりすると、そこにエネルギー注ぐことになってしまうから、益々影の多い未来を引き寄せてしまう・・・ということなんですね。
だからキーポイントは影にも感謝♪♪♪なぜなら影は光そのものだから☆


最初はちょっと練習が必要かもしれません。
でも感謝が習慣になるまで、そう時間はかかりません。

まずは当たり前のように動いてくれる体に感謝。傍にいてくれる人に感謝。お水に感謝。。。。
そんなふうに感謝癖をつけることが幸せ者への一番の近道かもしれませんね。
お米を研ぐお水に感謝し、お米にも感謝して炊いたご飯は、安いお米でも数倍美味しくなります。
是非やってみてくださいね♪

食欲の秋がもう始まっているだけ・・・???
いいえそんなことはありません。
今日も自然の恵に感謝して、おいしく美味しくいただきます。



あゆーら
# by ayura-smile | 2006-09-11 00:57 | 日々のあれこれ

聖なる道

夕暮れ時になると、やさしい風に誘われるように散歩に出かける休みの日。
お化粧もせず、歩きやすいサンダルを履いて出かけます。
大好きな桜土手で、今日も蝉の鳴き声に軽く瞑想状態になりながら(笑)、
小さな川沿いに歩いたり、いつもと反対側へと歩いたり、もう15年以上も住んでいる町を散策します。
住んでいる人のセンスの良さが覗える素敵なお庭の家を見つけたり・・・
とっても安い八百屋さんを発見したり・・・♪
美しい夕焼けや、生まれたての月を見つけて幸せを感じる夕暮れ時。

そういえば・・・15年前、大型のゴミを捨てる人が多くてあまりに汚い道だった川沿いの細い道は、今ではすっかり美しい黄色の花が咲き乱れるように咲いていることに改めて気づきました。
実はこの道、毎日通る道だけに汚くて嫌だな~と思っていたのですが、ある日の帰り道、疲れてヘトヘトになっていた私は「早く故郷の星へ帰りた~い!」なんてバカなことを思って、ふと夜空を見上げたのです。
涙のせいもあったのか、そこには都会とも思えないくらい、広くて美しい星空がありました。
それから毎日この道を通る度に空を見上げ、心の中でこの道のことを「聖なる道」と呼んだのですね。友達と電話で話しながら歩いていても「今どこ?」と聞かれれば「うん、聖なる道!」・・(笑)こんな感じです。
面白いことに「聖なる道」と呼ばれたこの道は、何故か少しづつゴミが減って、ちょっとお洒落な家が建ち、綺麗な花まで咲くようになったのです。
不思議だけれど、ちゃんと道にまでエネルギーが伝わるんですよね♪

そして今日は安い八百屋さんで、冬瓜とズッキーニ、小玉葱を買い、ベーコンやトマトでおいしいスープを作りました。仕上げに生姜を千切りに・・・。夏の疲れた体を暖めるやさしいスープは格別でした(^0^)

ありがたいなぁ~

明日も幸せな一日を・・・


愛と感謝をこめて・・・

あゆーら
# by ayura-smile | 2006-08-29 22:17 | 日々のあれこれ

夏の終わりと永遠の時

蝉の声が、夏の終わりを告げる蝉になり、私の大好きな桜土手でも見事なまでに鳴き始めると、急に夕暮れ時が恋しくなったりします。
蝉の鳴く周波数は、どこか遠くの記憶を呼び覚ますようで、いつも不思議な感じがします。
目を瞑って聴いていると、暑いイタリアでのシェスタや、日本のお寺での瞑想などが出てきます。
ゆっくりと時間が過ぎていくようで、矢のように過ぎていくようで・・時の概念は面白いですね。

人生を織っていく様々な経験を通して、自分の性格を裏づけている過去の記憶。
時には、信じて裏切られたり、真実を言ったばかりに痛みを味わったり、何かを失敗したりと・・・皆心の深いところで傷となっているものをそれぞれに持っていたりします。

そして今日また一つ、過去の想いが今の自分に影響していることに気づいた時、不思議なのですが、この一瞬に過去も未来も同時に存在している、ということを真実として感じられたんです。過去を今この時に体験しているわけですから。
過去が今に影響しているならば、今この瞬間に全ての時がテレビのチャンネルのように同時にあるとしたら、今の想いが過去を癒すこともできるのだということがとても納得できたのです。

(あ~自分で文章をかいていても、うまく表現できずもどかしいです)

今の想いが未来を創るとは最近良く聞かれるようになりました。自分が現実を創っているから、今この時の想いが大事ですよ。あなたの思考が現実を引き寄せますよ。ということ。これは自分の人生に完璧に自分で責任を負うこと。
責任重大です(笑)

そして、同時に過去を今の想いで癒すこともできるんだってことなんです。
つらかった記憶として残っている過去さえ、今この時の思いで、幸せで豊かなものに変えることができるんだってこと。それは私が感じるに過去生の記憶でさえも、きっと今この瞬間、同時に体験されている時があるから。

蝉の声を借りて妙に納得した夏の終わり、そして永遠の時の今でした。




暑いイタリアの夏に蝉は鳴いているのでしょうか。

でも遠い過去、確かに修道女のような服を着て、シェスタを楽しむ私がいるようです。
# by ayura-smile | 2006-08-28 19:42 | 日々のあれこれ

新月とオーラソーマ

今日は新月です。
毎月新月には新たな気持ちで月に願い事をします。
新月は新しいことをするのにもとてもよい日。

今日から少しづつ、オーラソーマについて日頃感じていることなどを書いていきたいと思います。オーラソーマのプラクテショナーとして、クライアントさんと人生を分かち合うことで、私自身がたくさんの気づきをいただけること、そしてこの3次元の世界、この人生という壮大なゲームを一緒に味わうことができる幸せを感じています。
まさか自分がここまでオーラソーマに、ハマルとは正直思っていなかったのですが・・・(笑)。

初回の今日はオ-ラソーマの魅力。。。

オーラソーマは占いではありません。
美しい自然の色と植物、鉱物のエネルギーが内包したカラーボトルをまず自分自身で選ぶことから始まります。そしてそこには驚くほど完璧なまでにその人の内面が映し出されているのです。
そして私は、その方の心や思考、条件づけられたパターン、今までの経験などをハートで聴き、そしてただただボトルの色や意味を通訳していくに徹します。
本当に素敵なことに、全ての答えはそのクライアントさんの中にあって、全部その人が答えを知っているのです。そして色やボトルの意味を通して、ちゃんと自分でそこに気づいていく・・・・。

オーラソーマの素晴らしいところは、「自分の人生に自分で責任を取る」という立場に
その人を立たせてくれることです。

人生で何度も同じような繰り返しをしていたり、人間関係で悩んでいたり、体調が悪かったり・・・人生で起こる事が全て、本当の自分を生きていないことが原因だったりします。
具合が悪かったら病院へ行く、疲れたから何かに癒されたい・・・・勿論それはそれで悪いことではありません。でもそれは一時的なもの。いつまでも他力本願な生き方をしていては、またすぐに元通り。

人生は本来 easyなもの。薔薇の花が何の力みも努力もなく花開くように、本当は私たちも、自然の流れに乗って生きていくことができるのです。でも人には考える頭があり、欲求があります。それが逆に「easy」に生きることを難しくしているのかもしれません。
(勿論それが人生という楽しいゲームでもあるのかもしれませんが。。。)

病気は「disease」。
「dis+ease」。。。要するに「ease」(安楽、安心、容易なこと)の否定形が病気ということなんですね。人はeasyでない状態が続くとと病気になってしまうということ。

そして病気はまた逆に、その痛みや苦しみを通して、私達に本当の自分に気づくためのメッセージを送ってくれているのですね。
勿論病気だけではなく、人生の中でうまくいかない領域や、別れや悲しみ、挫折、逆境と感じることなども全て、そうなのですよね。

そして私たちは学ぶことができます。
もっと自然体で楽に生きることができます。
そのためにはまず自分を知ることが大切なんですね。

続きはこちらから・・・
# by ayura-smile | 2006-08-24 15:55 | オーラソーマ

神様からのプレゼント

今あること、
今を感じること。
ありのままの状態で存在していること。

しばらく忘れていましたが、
英語の「Present」は、「贈り物」という意味の他に、「今、現在」という意味があったんですね。
「今この時」は神様からの「プレゼント」でもあるということ。


目標をたてて頑張ったり、今以上の自分になりたがったり、未来のために今を生きている自分に、またまた気づいた私です。(いつの間にか繰り返す私の心の癖かもしれません)
ないものに目を向けて必要以上に頑張ろうとしている自分は、ハツカネズミのようにいつまでたっても、どこにたどりついたとしてもきっと満足しないとわかっているのに。


きっと立ち止まって、ありのままの自分を認めるのが怖いのかもしれないのです。だからいつもまたどこかで自分の理想の完璧像に向かって自分をせきたててしまうのかもしれません。

・・・頑張っていたから・・・苦しかったわけです(笑)。


ようやく今のこの瞬間に生きることの心地よさを体得できた今年の夏。


息をしている私。歩いている私。電車を待っている私。おいしい水を飲んでいる私。
薔薇にお水をあげている私。家族でご飯をいただいている私。
クライアントさんの話に耳を傾けている私。

意識的に今を感じることを練習しているとマインドが静かになってくるのですね。
ネガティブ思考の得意なマインドを静かにさせると、幸せに満たされてくる・・・・
そして今というこの時が永遠そのものになっていくのですね。
幸せへの一番の近道がひょっとしたら今を感じ、今を感謝し、今を生きることなのかもしれないと、本当に腑に落ちた今日このごろ。

実は何日か前に、オーラソーマのボトルB67(神聖な愛、小さきものへの愛)
マジェンタ/マジェンタが、突然ヒビ割れてしまったのです。
きっとこの暑さの中で、急激な温度変化で膨張してしまったのかもしれないのですが、
マジェンタ色のボトルから、日常の中のささやかなものの中に感謝していくことを改めてメッセーとして受け取った私です。
ともすると完璧なものを求めたがるマジェンタの特性から、自分の中の完璧を求める癖を象徴していたかもしれません。完璧なものを求めすぎると、それが形通りに手に入らなければ、それは苦しみに変わっていく。。。。だからそれ手放したことで今に立ち戻れた、なんだかそんな気がします。

そしてマジェンタには「天からの愛」という意味があります。
いつもいつも天からはたくさんの愛が注がれているのに、気づこうとしないで、未来を求めて生きている私たち。自分の望んだ形で得られないかもしれないけれど、
今自分に与えられているものに感謝し始めたら、どんなに天から愛を注がれているかに気づくことができるから。

そして今というこの永遠の時は神様からのプレゼントであると同時に、天から与えられた愛そのものだから。

お気に入りのCDの表紙にも「プレゼンサ」と書いてあって、
それはブラジルの言葉で「今ここにある」とか「存在」という意味だそうです。
英語のプレゼントと語源が一緒でしょうか。。。。。
言葉って素敵ですね。


神様からのプレゼントである「今このとき、ここに存在していること」そのものを心から感謝しながら楽しんで生きていきたいですね。



愛と感謝を込めて・・・・・


あゆーら
# by ayura-smile | 2006-08-20 02:19 | オーラソーマ

ゆれる夏、見つめる夏

今年の夏は、少しだけ自分の中で、揺れながら何故か’私が止まっている’のを感じます。


何もしない日が何日かあると、我ながらワーカーホリックと思うのですが、あせりや困惑を感じ始めます。でもこの数日は私の本当の心の声を聞くために神様が与えてくれた時間なのかもしれません。


先日、思うところがあり、初めてエサレンマッサージを受けたのです。
まだ若いセラピストの方でしたが、とてもバランスのとれた純粋なハートの持ち主でした。
このところどんなスパでどんなトリートメントを受けても何だか表面だけの潤いしか受け取れなかったのに、セラピストとしての経験はまだ浅いかもしれないその人の心は、海のような静かさがありました。

ゆったりとした呼吸とロングストロークで、ただひたすら体の感覚を通してやってくる自分の命の流れを感じていると、ふと両耳を掌で包まれました。暖かいエネルギーを感じていると遠いところから私の名前を呼ぶ声がしました。
小さい頃から、霊的なものを耳から感じることが多かった私ですが、小さい頃はいつもどこか少し怖い感覚がありました。
でもその声は本当に懐かしくて、自分の中から聞こえてくるようにとても近い感覚。そして
「もっとこっちにいらっしゃい。何故いつも遠くへ行ってしまうの?」
と言っているのです。不思議に涙が止め処も無く流れ、嗚咽になってしまいました。
私の中にいる、私をいつも導いている光の存在なのだとわかりました。
これまでに何度も瞑想を通し、コンタクトをとっていたはずの私自身であり、光の存在。

でも最近の自分はサバイバルのテーマにはまり込みジタバタしていて、求めるのは自分の中の大いなる存在ではなく、もっと他の何か超越した存在からの答えを求めていたことに気づきました。そのことに気づくと、やがて二人でたくさんの蓮の花が咲いているところを手を繋ぎながらフワフワ歩いていました。

私の体の右側は赤い彼岸花のような花、左側は白い百合の花、そして頭はやはり蓮の花の映像が浮かび上がってきました。


そして左手のマッサージを受けながらまたボロボロ泣いている私がいるのです。「与えることばかりで受け取ることをしてこなかったのでしょうか」と言ってくれたセラピストさんの言葉に、私の心の癖がまた一つ浮かび上がってきたのでした。


私の人生を振り返るとき。
中学生の時から誰かのために何かがしたいと強く思っていた、妙に「いい子」だった私。
でも誰かのために頑張ることで、本当の自分から遠ざかっていた自分に気づいて。
そして今度は自分を幸せにするのは自分だからと、また頑張っていた自分。

いつまでたっても本当のありのままの自分を受け入れられない私がいるのかもしれません。

いつも、このままではダメという感覚。
自分はまだまだ何かが足りないという感覚。
いつも光と繋がっていたいし、メッセージを受け取って、必要な人に伝えたい。
でもとっても普通でありたい。
お金のために、この仕事をしたくない。
あまりにスピリチュアルすぎる人に嫌悪感を感じ、それでお金を作っている不自然さに憤りさえ感じ。。。。
あまりに商業化されていくこの業界の中で、私はやっていっていいのか。。。etc etc



マッサージを受けたことで、自分の自我や闇の部分が浮き彫りになってきているのを感じます。

でもジタバタしてみるのって、やっぱりとても大切なのかもしれません。
こんな見たくない感情と向き合うことも、こんなダメな自分を見て、そんな自分を認めることも。

そして
じゃあ、私はどうしたいのかという原点に戻ること。



私の中にいる、大きな全てと繋がっている本当の自分。
そして全ての人の中にあって、みんなが繋がっている事実。


私はどんな形で大きな宇宙の役割を果たしていくのでしょう。


流れる夏雲に聞いてみました。
でも何も言ってはくれません。
きっと、深いところではもうわかっているんですね。


愛と感謝をこめて。。。


あゆーら
d0085018_148257.jpg

# by ayura-smile | 2006-08-14 01:50 |

オレンジゴールドの月

今日は仕事が終わってから、何とはなしに竹下桟橋をプラプラしました。

アベックばかりだったら早々にひきあげようかしら。。なんて思っていたのですが、
なんだか不思議に女性のカップルや家族連ればかり。
そして私の目に映ったものは、思わず「わお~」と声をあげてしまうほど
美しい夜景の中に浮かび上がった大きなオレンジゴールドのお月様。
昨日のパワフル満月の名残、美しい姿に深い微笑みを湛えて夜空に浮かび上がっていました。

そういえば今朝ひいたカードは「Abundance」(豊かさ)

オレンジやゴールドは豊かさの象徴。

美しい夜景とこの黄金のお月様を愛でている私はまさに豊かさそのものだなぁ~と本当に心から嬉しくなりました。

人間が頭と技術で創り上げた美しい夜景と、大いなる宇宙が創りあげた美しい月。
私の日常のささやかな時間の中で、こんなに美しいものを感じることができたことに
とても感謝しました。

そして今日お会いした人達や家族、大切な人達にそっとその幸せを送りました。

愛と感謝をこめて。。。

あゆーら
# by ayura-smile | 2006-08-11 02:12 | 日々のあれこれ

自由な流れ~信頼~

[Free Flow]

自由な流れ。。。。

ブログデビューの今日、私のお気に入りのオラクルカードから一枚カードをひいてみました。まさしくピッタリのカードかもしれません。

ちょっと要約すると・・・

「流れに身を任せること。全ての凝り固まった先入観や不安を解放すること。
リラックスしてガイダンスの合図を待つこと。
流れるような方法で人生の道を進むこと。
私たち自身の意思や目標を表すと同時に、手放し、大いなる意思に導いてもらうこと。」

不思議に自分自身を言い当てられてしまいました(笑)
パソコンなどのハイテクノロジーについていけないレトロな私の心配と不安。
それでも溢れてくる想いを書き連ねてみたいという欲求。

そして、このブログを読んでくださった方達が、等身大の私を感じて、ご自身の人生とシンクロさせたり、考えたり、また一歩足を前に踏み出したり・・そんな何か大切な時間を共有していけたら嬉しいなぁ~と思うのです。


きっと必要なときに必要な人が訪れてきてくれるのですね。
自由な流れを信頼して、楽しく始めて行きましょう!

このブログで出会う方達とやさしさに満ちた、素敵な心の触れ合いができますように・・・・・
全ての人の人生がその人らしい輝きで謳歌されますように!

愛と感謝をこめて。。。。


あゆーら
# by ayura-smile | 2006-08-09 16:36 | 日々のあれこれ



しなやかな心が好き。感じることや揺らぐこと。そしてそれを手放せること。心に吹いてくる風を言葉にしてみました。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
道祖土の神様
at 2017-11-21 09:21
出雲の国へ
at 2017-11-11 16:35
母の笑顔
at 2017-11-03 22:44
リビングカルチャー LIN..
at 2017-10-31 22:23
聖なる水「チャリスの井戸」
at 2017-10-24 16:54
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧