ゆらゆらあゆーら

<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

福島原発への祈り

d0085018_17513951.jpg今日、水の結晶写真で世界に知られている、
江本勝博士からのメッセージが友人を通して送られてきました。


> 世界中の人々へ
> あなたの愛と感謝の祈りを福島原発の水に送って下さい!
(中略)
> 20年以上に及ぶ波動測定と水の結晶写真の技術の研究からすると、どんなに離れたところからであっても、人間の祈りの純粋なバイブレーションを受け取ることで、水はポジティブな状態へと変化するのです。
> アルバート・アインシュタインのエネルギー関係式、E=MC2が真に意味することは、エネルギー=人間の数と人々の意識の二乗、ということなのです。
> 今こそ、このほんとうの意味を理解するときです。地球人として、どうか祈りのセレモニーに参加して下さい。日本人だけでなく、世界中のすべての人々にお願いします。どうか、この惑星の危機を解決する方法を見つけることを助けて下さい!!

> 以下に、祈りのやり方を示します。
> セレモニーのタイトル:私たちの愛と感謝の思いを福島原発の水に送りましょう
> 日時:2011年3月31日(木曜日)、12時(正午) それぞれの居る場所のこの時間
> 次の言葉を唱えて下さい:
> 「福島原発の水よ、あなたを苦しませてごめんなさい。どうぞ私たちを許して下さい。ありがとう。愛しています。」
> 声に出しても、心の中で言ってもかまいません。合掌して、3回唱えて下さい。
> どうか、あなたの誠実な祈りを捧げて下さい。
> 心から感謝します。
> 愛と感謝とともに、
> 江本 勝

ホ・オポノポノを使ったとてもシンプルでパワフルな祈りのセレモニー
正午までにブログのアップが間に合わなかったのですが、
何度も何度も言葉を繰り返していると、涙があふれてきて、沢山の白い光に福島原発が包まれていきました。
そして、次に日本へ光の言葉をかけていくと、今まで自分が生かされているこの日本のことに、あまりにも無頓着でごめんね・・・という想いが沢山でてきて、これもまた沢山の涙があふれてきました。
地球・・そして自分自身へと・・・・最終的に自分の内側と全てが繋がっているという感覚があり、何度も何度も”ありがとう”と”愛しています”を繰り返しました。

今日だけでなく、また日々の祈りの中にも皆で取り入れていきたいですね。

そして、もうひとつ、これも友人から福島原発の「廃炉」を求める有志の会からの緊急署名のお願いメールと福島郡山市長からのメッセージが入ってきました。
今日、東電の会長から1~4号基の廃炉の発表がありましたが、廃炉にするのにも長い年月と大変なプロセスがあるようですし、経済的な問題もそこには絡んでいるので、道程は簡単ではないと思いますが、
もっと安全でクリーンなエネルギーにしていくため、私達の声を大きくしていく必要があると感じています。

以下、呼びかけです。一人でも多くの方へ届きますように・・・・*

More
by ayura-smile | 2011-03-31 17:59 | 日々のあれこれ

ミュータントメッセージ

d0085018_1052454.jpg15年前に初めて読んだ「ミュータントメッセージ」(マルロ・モーガン著)
また今どうしても読み返したくなり、
昨晩読み返していました。

一人のアメリカ人女性が、アボリジニ<真実の人>族とともに砂漠を歩く旅に招待され、
そこで生きる彼らから多くの気付きと学びを体験するお話なのですが、
人種差別等の様々な問題提起が沸き起こった本でもありました。

彼女が彼ら(<真実の人>族)から学んだ、地球と人類の在り方や宇宙観が、今、日本で起こっていることにも、大きなメッセージを与えてくれているような気がします。


震災から20日近く。余震も少なくなり皆が少しづつ通常の日々に意識が戻り始めましたが、原発は多くの深刻な問題を残したまま。
政府が流す情報と、国内外からの様々な専門家が発表する情報との食い違い・・・
本当に目覚めなければいけないのは、私達一人一人なのでしょうね。
日本人は、あまりに自分の国や自分の生き方を他人に任せすぎなのかも知れません・・・・
安全でクリーンなエネルギー開発をする技術を持っているのにも関らず、どうして危険な原発が日本全国にこんなに沢山あるのか、誰が、何が、日本を動かしているのか・・・

そして何故、この時に私達はここ日本にいるのでしょう。
何を経験したくて、この時期、この日本に生まれることを選択してきたのでしょう。
私は何をするために生まれてきたの?
私には何ができるの?
みんながしっかりと自分と向き合わなければいられない時期にきている、
本当の意味で目覚めの時なのですね。

「真実の人」族の彼らは、自然と切り離され、物質中毒化した私達をミュータント(突然変異)と呼びます。
でもそんな私達も受容しながら、自分達らしく生きることを選択する<真実の人>族。

私の好きな彼らの生き方の一部をご紹介します。

*********************************

朝の祈り
「この部族はその日の調和、彼ら自身、彼らの友人たち、世界にたいして感謝の言葉を捧げることで一日を始める。時には特別な願い事をすることもあるが、その時の言葉はこうだ。
”それが私のために最高にいいことならば、そして全ての命にとっていいことならば与えてください”」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
だれもが複数の才能をもっていることに、たえず気付かされる。
彼らは歌名人、癒し手、語り部、裁縫の達人など・・・
自分の名前を皆に貢献できる自分の才能で呼び、成長の過程でその名前も変えていく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「一人の人に役立てば、それは良い仕事」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「その日、とてもきれいな子が雑草の茂みに分け入り、茎の長い美しい花を手にして現れた。
彼女はその茎を首に結んで花を高価な宝石のように胸に垂れさせた。みんな彼女の周りに集まって口々に彼女の美しさを讃えた。。。。。。。
砂漠の一日が終わると<真実の人>族の少女は、花を母なる大地に横たえた。
その目的は十分に果たされたのだ。彼女は心から花に感謝し、その日皆から受けた称賛を記憶にしっかりと刻みつけた。でも彼女は花に対する所有欲をもたなかった。やがて、花は腐植土となってリサイクルされるのだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「バースデ-・パーティの話になると彼らは熱心に聞き入った。(中略)
年をとることは特別なことではない。なにも努力しなくても自然に歳をとっていくではないか。
「歳をとることを祝わないとしたら、何に祝うの?」
「去年より今年のほうがさらに賢くていい人間になったら祝うんだ。それは自分だけしか知らないことだから、自分でパーティの時期が来たと皆に告げるんだ」

********************************

そして最後に、著者が彼らとの生活の中で思いだしたという、有名な祈りの言葉を添えます・・・
「神様、私に変えられないものを受け入れる平和な心と、変えられるものを変える勇気と
その違いがわかる知恵を与えてください」


”平和で安全、美しい日本”・・・この言葉を繰り返し歌うように口ずさむ毎日です。
どんな状況下でも、意識を光へ向けることを選択します072.gif
by ayura-smile | 2011-03-29 13:28 |

ピンクの細胞

d0085018_15182258.jpg

放射線物質が広がって、その影響を心配する声は多くありますが
ホメオパスの友人から、こんなメールが届きました。

「放射能の件ですが、やはり食べ物でかなり回避できるようです。
まず砂糖は一切とらず、濃いめのみそ汁や焼き梅干し、海藻などをとるのがいいようです。
塩分をかなり濃いめにするのがポイントです。
要は昔ながらの日本食が一番効果的という事ですね。
みそはその辺の粗悪品ではなく、きちんと醸造されたものの方が良いはずです。
太平洋戦争の原爆の被災地で手当てに当たっていた医師や看護婦はこの食事をとる事で全く被爆の症状が出なかったそうです。
やっぱり日本食はすごいですね」

本当にそうかもしれませんね。
放射能のことを良く知って、あまり深刻にとらえすぎないことも大事かもしれません。

福島は私が生まれ育った処。叔母も会津若松に住んでいますが、
「その時はその時よぉ~。」って、こちらの心配もよそにいたって呑気。
3年前に肺がん治療に放射線治療を30回以上も受けた私の母も、頬をピンクにしながら
「私はこんなに元気だしねぇ~。人には神様から与えられた力があるから大丈夫よぉ」
と、これまた呑気。

放射線治療の直後の母は、本当に見ていても辛い状態だったのですが
今は、全ての薬から解放され、ますます元気!!
実は二人で毎日やっていたことがあるんです。
それは「ピンクの細胞がどんどん生まれてくる・・身体中の細胞がピンクの細胞に入れ替わる」というイメージ法。母は一人でもこれを毎日のちょっとした時間に行ってくれました。
母の身体にヒーリングをしていても、「ピンクの細胞・・」と母が心の中で言った瞬間、
すぐに身体が熱くなるのがわかり、「今ピンクの細胞って言ったでしょ?」って聞くと嬉しそうに「うん」って答えたものでした。

人の細胞は3年ですっかり入れ替わります。
そして、私達の身体には母の言うように神様から与えられた力があるのですね。
私はそれを意思の力、創造の力、愛の力だと感じます。

もちろん、福島の原発から放射線物質が拡散しているこの状況が1日でも早く終焉し
本当に皆が安心して暮らせることを切に願っています。

今日もナチュラルハーモニーさんから自然栽培のお野菜が届きました。地震の影響で届いた量は半分でしたが、お野菜をいただけることに、本当に感謝!!!
by ayura-smile | 2011-03-24 15:32 | 日々のあれこれ

花巻救援物資の送り先

d0085018_12564416.jpg救援物資を送る際の
自宅配送開始になったそうです。
受取人酒匂徹さんの住所は、
〒028-0113 岩手県花巻市東和町東晴山1-18 ℡0198-44-2598

私も母と荷物を造って送りました。
皆様の復興を心よりお祈りいたしております。
by ayura-smile | 2011-03-24 12:57

緊急支援のお願い

d0085018_0272220.jpg
サロンのお庭をお願いしているみどりのゆびのグロッセさん夫妻から、
花巻へ支援のお願いメールが届きました。

被災地では、物資が生き届いている処と、そうでない処の差が激しいようで、緊急支援が必要です。

くれぐれも無理のない範囲でご協力いただければ幸いです。
お知り合いの方にもお知らせいただければ有難いです。




詳細は↓

More
by ayura-smile | 2011-03-24 00:30

B30 「地上に天国をもたらす」

d0085018_11421788.jpgオーラソーマボトルB30番「地上に天国をもたらす」
下に燃えるようなレッド、
上に保護のブルーが現れたボトルです

ボトルの下は、私たちの潜在意識とも繋がっていますが、今起こっている状況もまた私たちの潜在意識が表面化しているように感じます。

地震や原発事故を起こしたエネルギーもまた、
私たちの中に溜まっていた怒りや執着、行き場のない不満、偏りすぎた物質主義・・・・
レッドのエネルギーが流れるところを見出した為に起こった1つの[解放]なのかもしれませんね。。。

私達一人一人が今、自分の内面をもう一度しっかりと感じて、癒し、本当に大切なものへと軌道修正していく必要があるのでしょうね。

そして、レッドの上には安らぎと平和、大いなる守護の色ブルー 手放しと信頼の色
連日のTV報道で流れる多くの被災地の方の姿に、私たちは本当にエールを送らずにはいられませんが、逆に私たちがどれほどの勇気と信頼をいただいていることでしょう。
そして今回の悲惨な状況下で生まれる人の想いは、どれだけ沢山のブルーを
この世にもたらしているのでしょう。

そして、このボトルの混色はバイオレット
癒しと奉仕の色です。男性性と女性性の統合といったメッセージも。
皆が自分自身を癒し、世界が地球が癒えていくことを心から祈っています。

今日、10年ほど前に聞いた Yuri Chikaさんの「花」と言う曲を久しぶりに聞きました。
彼女の素直な声が、す~っと心に響きます。
動画を探しましたが見当たらず、歌詞だけご紹介します。


d0085018_2001192.jpg遠い目に浮かぶ幼き面影を
あなたは懐かしく
Earth is my father
Water is my mother

そして花は咲くの あなたの愛と共に

So I sing this song for you
and I will wark my long way
but I promise you
I will return to you

この世に生まれた私にできること
それは歌うこと
Sunshine is my love
Wind is my freind

そして花は歌うの 青空を仰ぐ限り

So I sing this song for you
with all my heart
and I will wark my long way
cause this is my way
but I promise you

花よずっとあなたの 心に咲き続けて
I will return to you
                  (写真: 梶原 淳さんより)
by ayura-smile | 2011-03-22 20:16 | オーラソーマ

バイオディーゼル燃料車が被災地で

d0085018_1452333.jpg

グロッセ世津子様からいただきました情報です。
ありがとうございます!

>天ぷら廃油で燃料を作る装置を車につんで走っているバイオディーゼルアドベンチャーの山田さんと永嶋さんが、花巻のやえはた自然農園や酒匂さんの農園を起点に釜石に支援に出掛けています。
情報がサイトで見れます。ぜひのぞいてみて下さい>とのこと。
被災現地の状況とかも書いてあります。

また仙台で被災され、医療関係者として日夜被災地で救援活動をしていらっしゃる本多直人さんのメールもご紹介してくださいとのこと。被災地から感動の本多さんの体験記です。

《体験記》はこちらから
   ↓

More
by ayura-smile | 2011-03-21 14:59

愛を知る時

d0085018_013638.jpg信じる力

勇気を持つ力

相手を想う力

生きる力

それを全部愛というのかな

時には試練で

時には喜びで

私たちは内側にある愛を知るのかな


今日も祈ります********

(写真 西吉いづみさん 「寄り添う樹」)
by ayura-smile | 2011-03-21 00:07

想いの力

d0085018_13421599.jpg

昨晩も祈りながら、日に日に、イメージの中に沢山の光が暖かくなっていくのを感じました。
原発では、多くの人が喜びのハグをしている・・・
被災地でも、多くの人が喜び、労りあいながら笑っている・・・
世界中の人が、日本の復興を心から喜んでいる・・・
どんどん、日に日に暖かさで守られている・・・
そんなイメージが自分自身の中に広がっていくのです。

相変わらず緊迫した状態には変わらないし、悲しみは深いけれど、
不思議に深いところでは、大丈夫なんだという確信が増してきています。
不思議ですね*

祈りの効果で、連絡のとれなかった親戚の方と連絡がとれたという報告もいただきました。
皆の想いの力って、本当に凄いですね!

今回の地震では、世界中が日本に注目をしています。
トップレベルの科学技術を持った日本が、どのようにしてこの危機を脱していくのか・・・
そして、それを支えている大切な核となる人の意識(想い、愛、祈り)。
科学の力では越えられない、私たちの想いが
最終的にはこの現実を救っていく・・・・・・・
そうのだなぁ~ということが
今回、皆様との祈りを通して、ひしひしと感じました。

もう泣いてる時間はなくて
不安や恐怖に惑わされている時間もなく

絶対に私達の想いの力でこの状況を好転させて
真の意味で世界に、日本から平和と愛のメッセージを発信したい・・・。
世界中の人の想い、愛、祈りが、現実を好転させていくということが、絶対にできると信じています。

今真剣にならなかったら、いつ真剣になるのでしょう。

原発をやさしく美しいブルーの光で満たしましょう。
ブルーは、「平和」、「守護」、そして「信頼」です。

美しい青の惑星地球が、この機会を私たちに与えてくれていることに心から感謝します。

被災地から携帯でblogを読んでくださっている方がいらっしゃるので、
みなさんのお返事(祈りに関する部分の抜粋)が、そのまま力つけになる気がして、
皆様のご了承を得てアップしていきます。

皆様、本当にありがとうございます*☆
(続きを読む)↓

More
by ayura-smile | 2011-03-18 13:35

お返事から☆

d0085018_11203036.jpg祈りの声かけをした中に
被災地仙台にいるT.Oさんから、メールが返ってきました。
ご了承を得て、ご紹介させていただきます。

皆様からも、本当に沢山の暖かいお返事をいただきました。
本当にありがとうございました。

今、原発問題を始め、沢山の恐怖に私たちは取りつかれています。
日本から脱出する人もいます。
でも果たして、今日本に起こっていることは、一体何を表しているのでしょう。
命って、何でしょう?何を恐れているのでしょう?
私たちは何のために生きているのでしょうか?
安全で、平和を求めるけれど、安全で平和だったら、どう生きるのでしょう・・・

被災に遭った人と遭わなかった人・・・それは違う人なのでしょうか?
全ては私たちの一部。
今回の地震も原発の問題もまた私たちの何かが反映していて、大きく意識を変えていかなければならないことを教えてくれています。

一緒に考えましょう。

写真はオーラソーマボトル・大天使サンダルフォン
「すべてのネガティビティの変容」です。

T.Oさんからのメールはこちらです↓
(続きを読む)
    

More
by ayura-smile | 2011-03-17 12:33



しなやかな心が好き。感じることや揺らぐこと。そしてそれを手放せること。心に吹いてくる風を言葉にしてみました。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
薔薇の花のお茶会*ご案内
at 2017-04-21 20:20
おもいっきり春
at 2017-04-08 21:07
春分*お宝マップ作り
at 2017-04-02 20:16
突然のお伊勢参り
at 2017-03-21 22:11
自・画・像
at 2017-03-12 20:34
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧