魂の喜び

d0085018_239379.jpg
2008年 明けましておめでとうございます。
今年ものんびりと実家で迎えたお正月。
去年に引き続き、父母と一緒に、樹齢1000年の大カヤの木がある神社へお参りに行きました。

d0085018_23404654.jpg
1000年の時間を生きる大カヤの木は、ただただそこに生きていて
ただただそこに存在してくれていて
私たちの人生の細々とした営み全てを包んでくれるようでした。

思えば、去年のお正月は母の肺がん宣告を受け、
家族はどうしようもない不安の中
同じように、この大カヤの樹のエネルギーを全身に受け取ろうとしていたように思います。

大きな手術と放射線治療を乗り越えた力強い母の生命力は
落雷の跡さえ感じさせない、この大カヤのようだなと思いました。

そしてこのお正月は、父母の昔話を沢山聞くことができました。
戦争を体験し、戦後の混乱を体験し、そしてこの高度成長の波と飽和状態を体験している
両親の魂は、凄まじい荒波の人生を選択して生まれてきているのだなぁと感じます。

そして、人生のどんな時も全てが、それはそれは尊い経験なのだと感じました。
幸せと感じられなかった、辛い、苦しい経験も
自分では、成し遂げられなかったと嘆いていることや後悔しているようなことすらも全て
人生のプロセスを1つ1つ体験することが、魂には喜びそのものであり、
どんな人生も完璧な人生なのだと。

隣に布団を敷いて眠る母の寝息を感じながら
ずっと、その寝息を聴いていたい気持ちでいました。


d0085018_23344492.jpg1週間ぶりに我が家に戻り窓を開けると、オレンジの樹が、
黄金の実をたわわにつけて、また一段と大きくなったようでした。
2008年
光そのものである私たちが、地球人生のありとあらゆる側面を経験し、光へ帰っていく時代。
世界中が平和の歌を歌い、全ての魂が愛に満ち、
光そのもとなって輝きますように・・・☆
by ayura-smile | 2008-01-07 00:22 | 日々のあれこれ

変容の時・・・・しなやかな心でいつでもどんな時でも愛に向かって「今ここ」から始めていきましょう☆


by 安生裕子(あんじょうゆうこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28