豊かな実

なんだか懐かしいような香りに誘われて、近くの公園へやってきました。
懐かしい香りは大きなやさしい銀杏の木でした。


d0085018_184912.jpg
優しい秋の日差しの中で、静かにベンチに座っていると、ポタッ  ポタッ  と、銀杏が落ちる音。金色に輝く葉っぱが、キラキラと揺らめく大きな銀杏の木から、その豊かさを受け取る大地。ポタッ  ポタッ ・・・。
静寂の中で感じる豊かな音色。
落ちる実の振動を足の裏に感じるような昼下がりの静かな公園で、ふと子供の頃を思い出しました。

幼稚園まで福島県の会津若松というところに育った私は、よく父や母と銀杏拾いに行ったものです。
長靴を履いて、銀杏の実を踏みながら、その強烈な匂いにはいつも閉口していました。
でも大人になって、銀杏のおいしさがわかるようになった頃には、都会での銀杏拾いはすっかりとしなくなっていました。

福島の家の庭には柿やいちじく、ざくろやあんず、びわやぶどうなど、たくさんの果物の樹が植えてあったので、子供時代のおやつはとても豊かだったように思います。
硬い胡桃の実を割る仕事は父だったり・・・。傍で割れた胡桃を尖った棒で次々食べて叱られたり・・・。そんな小さな頃の記憶が蘇ってきて、なんだか嬉しいような切ないような気持ちになっていると、
何やらビニール袋の音が近づいてきて、老年のご夫婦が銀杏を拾いにやってきたようです。仲の良さそうなご夫婦は静かに、でも楽しそうに、銀杏の実を拾っています。

季節を大切に感じながら、人が手間を掛けることを惜しまなければ、もっともっと豊かに生きられるのですね。
そんなことを感じた秋の日。
今度は早朝に銀杏を拾いに来ようかな♪(^0^)
by ayura-smile | 2006-10-21 18:58 | 日々のあれこれ

しなやかな心が好き。感じて愛でて楽しんで、心満たす毎日を…☆


by 安生裕子(あんじょうゆうこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31