once in a blue moon" 

d0085018_122157.jpgonce in a blue moon" 
「決してあり得ないこと」

本来は、大気中の塵の影響により月が青く見える現象をブルームーンと呼んでいましたが、

1946年に天文雑誌「スカイ&テレスコープ」の誤解により、
ひと月のうちに満月が2回あることをブルームーンと呼ぶようになったようです。



「極めて稀なこと」「決してあり得ないこと」といった意味を指して使われる言葉となったことから、 "once in a blue moon"(めったにない)という熟語が生まれたそうです。

約29,5日周期で満ち欠けをする月。今夜が今月2回目の満月、ブルームーン☆
「ブルームーン」を見ると幸せになれるという言い伝えもあるそうですよ!
私達をいつも守ってくれているかのような月の光の中で
自分の夢や願いがすでに叶っていることをイメージし、感謝して受け取ってみましょう!

日常の中で”once in a blue moon”に巡り合えることはとても楽しいことですね。
そしてまたありふれた日常の中にもonce in a blue moonを見つけられたら
もっとハッピーですね。

それにしても朝早く、ブルームーンのパステルアート(↑)を書くなんてことも
私にとっては”once in a blue moon”☆
寝ぼけまなこでマスキングテープが曲がりました^^;(トホホ・・・)
by ayura-smile | 2012-08-31 08:33 | 日々のあれこれ

しなやかな心が好き。感じて愛でて楽しんで、心満たす毎日を…☆


by 安生裕子(あんじょうゆうこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31