生まれ故郷 福島へ

d0085018_19361524.jpg

祖父母の年忌の為、久しぶりに生まれ故郷の福島、会津若松へ。
磐越西線からの磐梯山。小雨の中、重たい雲を押しのけるように顔を出していました。
山と田んぼばかりの何もない処・・・・
若い頃はずっとそんなふうに思っていた自分の生まれ故郷、福島ですが
遠い山の青、緑の田んぼが、本当に愛しく、そして本当に切ない気持になりました。

d0085018_19434795.jpg
鶴ヶ城のお堀端で生まれた私
6歳までの幼い日々を福島で過ごしました。

父方、母方のお墓も福島にありますし、
親戚の叔母や従兄達も福島に。
やはり私にとって福島は、沢山の思い出と共に本当に大切な場所。

会津若松は、福島でも内陸の為に震災や原発からも直接的な影響は少なかったものの、叔母の家の近くの公園にまで仮設住宅が立ち並び、温泉宿もホテルも被災された人でいっぱい。
観光への経済的なダメージは大きく、風評被害も計り知れないものがあります。

親戚一同久しぶりの再会に、話題はやはり震災と原発のことになり、
はっきりと見えない状況の中で、悶々とした不安と怒りを抱えているという事を切に感じ、
改めて今自分にできることは何だろうと考えさせられました。

d0085018_2016473.jpg
帰り際、駅で買った起き上がりこぼし
(起き上がり小法師)。転んでも転んでもまた起き上がる(七転八起)
会津地方のお土産です。
この小さな起き上がりこぼしにも、昔から厳しい生活に耐えてきた東北の人の強い精神が込められているように感じます。
by ayura-smile | 2011-06-26 20:41 | 日々のあれこれ

しなやかな心が好き。感じて愛でて楽しんで、心満たす毎日を…☆


by 安生裕子(あんじょうゆうこ)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31